FC2ブログ

プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

標準治療で使える薬から

初診が終わり、帰りの電車の中です。

当面の治療方針が決まりました。

17日に胃内視鏡をし、組織をとって遺伝子検査をします。

そのまま抗がん剤治療を再開します。

まずは標準治療で使える薬のうち、ラムシルマブ(商品名 : サイラムザ)とパクリタキセル(商品名 : タキソール)を併用することにしました。

遺伝子検査の結果、もし特有の遺伝子変異があることがわかり、それに効く薬の治験があれば、それに切り替えるかも、とのことです。

標準治療の範囲内での治療を行うのと並行して、自分に合った治験の情報が提供されることになると思うので、選択肢の幅が広がりそうです。

最近、週単位で体調が優れなくなってきていたので、今日の(転院先の)主治医の話に、治療へのモチベーションがググッと上向きました。

今までどの抗がん剤も原発巣には効いたので、来週、抗がん剤を再開すれば、今の胃の不調も解消されるでしょう。

チョ~期待しています。

スポンサーサイト



転院

おはようございます。

転院先の病院へ向かっています。

おそらく今日は、初診なので、今後の化学療法の方針を決めるのだと思います。

実際の治療開始は次回からでしょう。

| ホーム |


 ホーム