FC2ブログ

プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ステージIV手術の是非

胃ガン、腹膜播種有り、ステージIV。

標準治療では根治手術不適応、化学療法によって症状緩和と延命を図る治療のみです。

その化学療法が奏功した場合、胃切除手術を行う、というオプションがあります。

その是非はどうなのでしょうか?。

ステージIV、すなわち遠隔転移有りの場合、がん細胞がリンパの流れまたは血流に乗って全身を巡った可能性があります。

化学療法が奏功したといっても、体の何処かにがん細胞が潜んでいる可能性があります。

この潜んでいるがん細胞を術後の補助化学療法で全滅させない限り、再発の危険性は高まります。

また、目に見える腹膜播種がなくても、あるいは腹膜播種部分の腹膜を切除したとしても、残りの腹膜に目に見えない播種が残っている可能性があります。

腹膜に播種が残っていれば、当然、腹膜播種という形で再発(再燃)します。

手術でがんを取り切れた症例というのは半分くらいしかなく、取り切れた症例でも遺伝子レベルではがんが検出される、という報告があります。

そのようなリスクがある中、胃切除を行うのが本当に良いのでしょうか?。

胃ガンのステージIVの場合、手術をしてもしなくても予後は変わらない、という報告があります。

先日の勉強会でも、同じことを医師が言っていました。

予後が変わらないということは、手術してもしなくても、平均して生きられる期間に差がないということです。

化学療法だけでいく場合の平均的な生存期間は数ヶ月から1、2年程度でしょうか。

予後が変わらないとなると、手術後の平均的な生存期間も同じ程度でしょうか。

どちらがより良いのでしょう?。

先日の勉強会では、胃が残っている方が、胃の切除後に再発した場合よりも有利である、との話がありました。

当然といえば当然です。

胃があれば食べることができます。

体力を落とさずに化学療法を続けることができます。

ただし、根治は望めないので、長期生存の可能性は低くなります。

一方、胃がないと、化学療法に耐え得る体力を保つのに十分な量の食事を摂ることが難しくなります。

結果、体力の低下を招きます。手術の侵襲によっても術後に体力が低下します。

体力の低下は、がんの増悪を惹き起こします。

体力が低下すると、化学療法の副作用が強く出る傾向にあります。

また、手術による炎症もがんの増悪を惹き起こします。

このように、手術後に再発(再燃)する可能性は高くなります。

一説には、術後3年以内の再発率は90%。

また、術後、ある程度まで回復するのに数ヶ月を要し、ダンピングなどによってQOLが低下します。

その代わり、手術した人の数%は、再発(再燃)せずに5年間生きることができ、根治となります。

この根治の可能性は、手術した人しか手に入れられないプレミアムチケットです。

人間の体は不思議なもので、まれに手術しないでも完治する人もいますが、本当に「まれ」です。

手術をしてもしなくても予後が同じ。

これを知って、どちらを選びますか?。

再発(再燃)のリスクを承知の上で手術を選択し、プレミアムチケットをゲットしますか?。

それとも、手術を避け、痛い思いをせず、ある程度の期間、食べたい物を食べ、QOLを保って生活する道を選びますか?。

私は、未だにどちらが良いのか、答えを出せていません。

ただ言えることは、胃ガン、ステージIV、腹膜播種有りの場合、再発(再燃)は必発という覚悟を持って手術に望まなければいけない、ということです。

実際に、術後、数ヶ月~1年程度という短期間で再発(再燃)した例を幾つも見てきました。

手術したら治る、なんて思って手術に望むのではなく、再発はするが、それでも手術して僅かな可能性に賭けたい、と思った方が良いのではないでしょうか。

その僅かな可能性に賭ける、というところに、手術をする最大の意義があると思います。

実際、その僅かな可能性は、手術した人しか手に入れられないのですから。

以上、私見です。

医学的に正しい見解かどうかはわかりません。

身近で再発した例を幾つも見てきて思うことです。

手術に望む人は、私のように手術できない者よりも選択肢が多いのです。

長期生存への可能性が残されているのです。

良く考えて、後悔のない選択をしてもらいたいと思います。

スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム