FC2ブログ

プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ついに介護ベッド

今朝、介護ベッドが搬入されました。

昨年10月と今年1月、右肋骨が骨転移によって病的骨折しました。

息をしても痛い、ましてやベッドに寝る時や起き上がる時には激痛が走ります。

骨転移によるものか、仰向けに寝て腰が伸びると数秒も経たずに腰が痛くなり、仰向けでいられません。

そんな様子を見かねて、家内が介護保険を申請し、介護ベッドを入れる手はずを整えてくれました。

そして、今日、ついに介護ベッドが。。。

どこからどう見ても在宅看護、といった感じです。

でも、ベッドの高さを調節できたり、上半身を起こせたりするので、寝る時、起き上がる時など、痛みを感じずに済み、大変に楽です。

少し上半身を上げ気味にすれば仰向けで寝られます。

家内に感謝です。

いつもいつも気遣ってくれて、ありがとう。

スポンサーサイト



迷惑電話お断り

昨夜、NHKのクローズアップ現代で、患者申出療養制度に不安を抱きつつも期待する患者の一人として紹介されました。

明けて今日、朝から、○○○を飲むとがんが消える、だの、何とかかんとかを信じたら病気が治る、だの、病気の原因を鳥が知っているから教えてあげる、だの、とうてい信ずるに足りない内容の電話がかかってきます。

いろいろな治療法を模索している、という内容から、それならこんな治療法を教えてあげましょう、ということなのでしょう。

電話の主達は、本気でそう思い、親切心でかけてくるのでしょうが、そういう電話に限って話が長い。

くどくど話して、なかなか本題に入らないのは、やましい気持ちがあるからなのか?

そう勘ぐってしまいます。

いずれにしても、貴重な時間が割かれてしまいます。

その時間を、今、困っている患者や家族のために使いたいです。

迷惑電話、お断りです!。

| ホーム |


 ホーム