プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治験への道

今日は、午後から外来でした。

主治医から治験の説明を受け、主治医に参加したい旨を伝えました。

その後、2人のCRC(Clinical Research Coordinator、治験コーディネーター)から治験の詳細を説明してもらいました。

次回の外来でいくつか検査をし、問題がなければ治験にエントリーできます。

この治験は、新しい免疫チェックポイント阻害薬の国際共同治験で、第I相試験です。

日本人では、初のエントリーになります。

少量から始め、段階的に投与量を増やしていき、副作用等の有害事象を調べ、人に対して安全に投与できる量を探っていくことになります。

効いてほしい、と切実に願っています。

自分のために、という思いはもちろんありますが、スキルス性胃ガンや胃ガンの腹膜播種に効く薬の開発へ繋がれば、という思いもあります。

スキルス性胃ガンや胃ガンの腹膜播種に免疫チェックポイント阻害薬が効く一例となってほしい、と思っています。

実は、スキルス性胃ガンの患者が入れる治験、特に薬効を調べる第II相や第III相の試験を見つけるのは困難な状況です。

この状況を変えたい、変えなければいけない、自分が治験にエントリーすることによってその状況を変えられれば、と思っています。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。