プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関テレ ザ・ドキュメントを観て

今日、関西に住む友人から「ザ・ドキュメント 岐路に立つ胃がん検診」のVTRが届き、早速、観ました。

余り知られていない胃バリウムX線検査の危険性や見逃しについて丁寧な取材がされていました。

・スキルス性胃ガンを含む胃ガンの早期発見には、胃バリウムX線検査よりも胃内視鏡検査の方が優れる
・スキルス性胃ガンに関して言えば、医師に胃内視鏡検査でスキルス性胃ガンを見抜く技量が必要
・リスク検診(ABC検診)の導入により1段階目のスクリーニングを行い、リスクの高い人にさらに胃内視鏡検査を行い、リスクの低い人にはさらなる検査は不要

という考えに変わりはありません。

番組では、検診を対象としている医師や研究者達と、目の前の患者を救おうとしている臨床医との見解の相違が浮き彫りにされていました。

検診を対象とする医師や研究者達は、国民1人1人の顔を見ず、1億2千万人の国民を一集団としてしか見ていないため、そこにはできるだけ患者に負担をかけずに治そう、という視点が抜けているように思います。

「早期で見つけるのは過剰な治療に繋がるから、早期に見つけるのが良いとは言えない」という、胃バリウムX線検査を推奨している医師の発言には、非常に驚き、違和感を感じました。

この医師は、自分の妻に、子供に、親に、胃内視鏡検査で早期胃ガンが見つかった場合でも
「早期だから、今、治療をするのは過剰な治療に繋がる。もしかしたら胃ガンが大きくならないかもしれない。胃バリウムX線検査で見つけられる位まで胃ガンが大きくなったら開腹手術をして胃を摘出すればよい」
と言えるのでしょうか?。

結局、検診を対象とする医師や研究者達にとって、がんそのものが他人事なんだと思います。

そこには、人を救う、という崇高な理念が欠落しており、単に仕事だからこなしている、という姿勢しか見えません。

「リスク検診では、国民に胃ガンの危険性ありとレッテルを貼るだけに過ぎない」と言った医師が映し出されていました。

そうならないために、そこから先、何をするか、どうしたら良いのか、を考えるのが、この医師達の仕事の筈なのに、完全に思考が停止しています。

こういう医師は、屁理屈だけは言えるが、行動を起こせない役に立たないタイプで、物事の進みを止める非創造的な人です。

人命を救うとはどういうことか、という根本的なところをわかっていないとしか言いようがありません。

映像中でも紹介されていましたが、スキルス性胃ガンでは、女性の場合、若い方が多い。

新婚でこれから家庭を築いていこうとしていた、あるいは子供を産んだばかり、そんな女性達が死んでいっています。

この現実を目の当たりにしても「早期に見つけるのが良いとは言えない」と言えるのでしょうか?。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。