プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治験薬の効果か転移か?

一昨日の診察を待っている時、右鎖骨上のリンパ節2個が腫れているのに気がつきました。

押すと少し痛いです。

主治医に、診察日の朝までは全く気がつかなかったことを伝えました。

主治医曰く「転移だとすると、こんなに急激に腫れるのはおかしい。治験薬は免疫系に作用する薬なので、治験薬の効果かも。いずれにしても経過観察ですね」とのこと。

私も転移とは思っていませんが、治験薬の投与による影響であるのならば、投与後に起こった全ての変化を記録しておくべき、と思い、主治医やCRC(治験コーディネーター)に伝えました。

また、ここに、自分の備忘録として書き留めておきます。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。