プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し悪化

一昨日のCT検査の結果、病状が悪化していることがわかりました。

右肋骨の転移巣がかなり大きくなっており、そこから肺へ影が伸びていました。

また、右肺に胸水が溜まっていました。

咳は、おそらくこの肺転移と胸水の影響だと思われます。

少し動くと息切れするのも、そのせいだと思います。

また第1胸椎の転移巣も大きくなっています。

そのせいで左鎖骨下あたりが傷んでいるようです。

第1胸椎の転移巣は、左腕へ伸びる神経にも触れているようです。

左腕が痺れているのは、そのせいでしょう。

ますます悪化し痛みが増す中で治験薬が効き始めるのをじっと待つか、治験を中止して骨転移や肺転移による苦痛を緩和するための治療をするか、岐路に立たされています。

やっぱりスキルスは治験に向かない、という結果になることをできれば避けたい思いでいっぱいです。

スキルスでも治験で良い結果を残せることを示したい、でもそれが叶わないかもしれない、複雑な心境です。

日々、しんどさが増しているので、落ち着くまで、ブログを更新しない日があるかもしれませんが、ご容赦願います。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。