プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルヒネとステント留置

息苦しさと痛みの緩和のため、一昨日からモルヒネを投与してもらっています。

また、噴門部の狭窄によって、詰まりと逆流が起こっています。

これらの症状を緩和するため、来月曜にステントを留置することにしました。

ステントで噴門部を拡げることによって食べ物の通りは良くなることが期待されます。

しかしながら、噴門部が拡がると、その分、逆流は起こりやすい傾向にあります。

上手く詰まりと逆流の両方を緩和できると良いのですが。。。

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。