プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅光の妻です

いつも、夫を応援してくださり、ありがとうございます。紅光は、8月8日早朝に旅立ちました。
彼らしい立派な最期でした。
最期まで意識もしっかりしており、終末期鎮静に関しても自ら決断をいたしました。
スキルス胃がんの扉を開けたいと過ごしてきた日々。
彼と私の意思で、剖検という病理検査をお願いしました。彼の身体を通じて、スキルス胃がんの研究が進むことを確信しております。
穏やかな顔をしています。母に産んでくれたお礼を言ったのが最期の言葉でした。
彼の意志を継ぎ、微力ながら、私も頑張ってまいります。これからもよろしくお願いいたします。マコ
スポンサーサイト

胸水を抜きました

7月30日未明、胸部及び腹部の圧迫感が強まり、非常に苦しくなりました。

どんな体勢をとっても寝ていられないほどでした。

呼吸もいつもより苦しくて、マズイかも?、と思ったほどです。

朝になって、主治医と相談し、再び増え始めていた胸水を抜くことにしました。

700ccほど、抜けました。

胸部の圧迫感が緩和され、楽になりました。

圧迫感がゼロになったわけではありませんが、4週間ほど常時感じていた圧迫感から少し解放され、ホッとしました。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。