プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び友人宅へ

今日も体調、手足の痺れ等の副作用に変化はありません。昨日は、気功と筋トレをしてきました。ようやく、筋肉痛がでなくなってきました。体が慣れてきたみたい。

午後、再び、4年前に癌で亡くなった友人宅へお邪魔しにいきます。先々月末にお線香をあげに行ったばかりですが(その時の記事はこちら)。

今回は、九州から友人仲間の一人が出てくるので、急遽、集うことになりました。生前、友人の周りにはたくさんの仲間達がいました。私もご主人も今日訪ねてくる九州の友人もその一人です。ただ、それぞれが直接の友人というわけではなく、亡くなった友人を中心にしていろいろなグループが柔軟に繋がってできた仲間です。

癌で亡くなってから4年半が経ちますが、いつもこうやって誰かしら訪ねてきて、お線香をあげています。生前の友人の人徳のなせる技です。

私も、死んだ後でも思い出してもらえたら嬉しいと思いますが、それは、今までの行いによりますし、決して褒められるような行いばかりではありませんから、私がどうのこうのできる問題ではなく...。まぁ、期待はしてませんが、というようりは、期待できんだろ、という思いが強いです(笑)。


<< バイアスのない情報を求む | ホーム | 愛犬の寝姿に癒される >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。