プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足首にも痺れが!

痺れ以外は、今朝も快調です。

足の痺れは、どうやら足首から脛の辺りまでやってきたようです。足裏と違ってまだまだ感覚はありますが、正座して痺れが始まった時のような感覚で、足首から脛にかけて薄い皮が一枚巻き付けられているような感じです。

足裏や足の甲の感覚はあまりないのに加えて、脛までの感覚も鈍ってきたので、歩く時に転けないように気をつけなければいけません。特に階段は恐怖です。

階段を下りる時、階段の踏み板に足裏全体が載っているのか、土踏まずまで載っていて足先が踏み板から出ているのか、踵しか載っていなくて土踏まずから先が踏み板から出ているのか、あまりわかりません。

痺れが来る前のように、フンフンと鼻歌交じりで階段を下りようものなら、踏み外して転げ落ちてしまいそうです。慎重になってしまうため、階段を下りるのがやたらと遅くなります。しょうがないことですね。

木曜日にパクリ12クール1回目の点滴をしに病院へ行くので、担当医に相談してみようと思っています。

<< 誰かに会えるかな? | ホーム | 毛が生えてこないかも(一生、ヅラ?) >>


コメント

おはようございます。痺れもうわけわかんないって投げ出してしまいたいですね。けがなどされないように気を付けてください。ゆっくり動くともどかしいですね。はがゆいし。そんな時私は、鍼灸師さんにストレスのつぼをおしてもらっています。季節、気温に応じて施術してもらっています。穏やかな雰囲気に癒されます。
先日はコメントのお返事ありがとうございました。先週の土曜日に予約外で診察を受けました。担当外の医師に腸ろうを抜いてもらいちょっとスッキリしました。抗がん剤の影響で食事が口から取れなかった時の為という理由だったんで「あっそう」っ感じで、、。昨日なんと!2か月ぶりに傷口に防水パットを貼り、お風呂に入りました。おかげ様で筋肉、関節痛も次第にうそのようにおさまったんですが、医師によると副作用はいつ、どんなってわからないそうです。今回は2週間ぐらいで出たんで、次もそうかと聞くと「わかんない」って。私が通院している病院は外科医師が12人くらいのチームなんで担当医は一応いますが処置は誰でもしてくれる感じで、土曜日の医師は診察の時間も速くあっさり、バッサリした人です。ガン告知の医師はゆっくり丁寧に説明する穏やかな医師でした。色んな医師の即答がきけて面白いです。答え辛そうな本音も見えます。いじわるですね(笑)。
今は、白が眩しくて困っています。昼間のシルバーの車にめまいがします。まだ街には白が多いです。秋色が楽しみです。いつもブログありがとうございます。頑張りまーす!


Re: さあやん様

コメントをいただき、またお心遣いいただき、ありがとうございます。

腸ろうが取れて良かったですね。久しぶりのお風呂は、さぞかし気持ちが良かったことでしょう。

筋肉痛や関節痛もなくなって良かったですね。ただでさえ抗がん剤の副作用は辛いものなので、できるだけ快適に過ごしたいですよね。

きっと良くなります。一緒に頑張りましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。