プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知の1年1ヶ月前

2012年11月に、がん1次検診を受けました。この1次検診では、バリウムを飲んで胃部をX線で撮影しました。

1次検診を受ける段階では、胃の不調など、全くなく、例年通り、軽い気持ちで検査を受けました。しかし、1次検診の結果が出るまで2週間ほど時間があるのですが、その間、毎食後に鳩尾辺りが痛むようになりました。痛みも日を追うごとに強くなるような気がしました。

以前、病気をテーマにしたテレビのバラエティ番組で、「鳩尾辺りが痛むのを放っておいたら胃癌になった」というようなことを言っていたのを思い出し、「もしかしたら今回の検査では引っかかるかも」という思いが段々と強くなっていきました。1次検診の結果が届き、開封して検査結果を見てみると、予想通り、そこには「精密検査を受けてください」と書かれていました。

↓2012年11月のがん1次検診時のX線画像です。
2012年胃バリウム検査画像

↓こちらのX線画像は、2011年10月に受けたがん1次検診の時のものです。2011年の1次検診の結果は、「異常なし」でした。もちろん、この段階では、胃の不調など、全くありませんでした。
2011年胃バリウム検査画像

2012年のX線画像を2011年のX線画像と比べると、2012年のX線画像の方が、画像の右側上部にある白い塊の直下の大湾部がくびれて細くなっているのがわかります。

tag : がん1次検診 バリウム X線 画像

<< 告知の11ヶ月前 | ホーム | 告知の1年4ヶ月前 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。