FC2ブログ

プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

市民公開講座を終えて

公開講座の中で興味深かったのが、「がん免疫療法の最前線」でした。講師は、山口大学大学院医学系研究科 免疫学分野の玉田耕治教授です。

この分野で、実際のがん治療薬として承認された薬剤がある、と話されていました。

免疫療法というと、高額で、効くか否かはっきりしない、という印象が強く、イマイチ信用し切れないと思っていました。

しかし、日本癌学会の市民公開講座という場で、国立大学大学院の教授が市民を前にして講演するくらいですから、今日の講演内容は、十分に信用するに値すると思いました。

一刻も早く免疫療法関係の治験を終わらせて第4の標準治療になって欲しい、と切に思いました。

また、「胃がんー予防から治療まで」の講演の中で、スキルス性胃ガンの胃切除写真を見ました。ちょっとショッキングでした。

この講演に限ったことではないのですが、スキルス性だったり、ステージIVだったりすると、お先真っ暗、頑張って生きてください、みたいなニュアンスが漂います。

その度に厳しい現実を突きつけられますが、そんなことでめげたところでステージがIIIやIIに昇格(?)するわけでもありません。

私にできるのは、QOLを保ちつつ抗がん剤治療を続け、少しでも長く生きることです。それも価値ある生き方で。

例えば、スキルス性胃ガン患者が集えるような場や会があったらいいな、と思うので、そのようなものを作れたら、と漠然と考えています。


<< 市民公開講座にて | ホーム | パシフィコ横浜へ向かう >>


コメント

こんばんは。市民講座、お疲れ様でした。ブログを楽しみにしていました。色々な研究者が頑張っていてもなかなか特効薬が出来ない現実はもどかしいですね。私は、告知を受けた時に死までの時間があることは苦しくて、、なにも考えず逝けるほうが楽で、なぜ自分が人生の終盤でこんなにも苦しまなければならないのかと思いました。でも今は、家族と考えたり病気と闘う機会があるほうがよいのではと思うようになりました。副作用との闘いですが。紅光さんのブログを読ませてもらいへこむ気持ちをなんとか持ち上げています。人生観が全く変わってしまい何のために今まで生きてきたのか、これからどんな人生を過ごしたいのか、、。ステージは現実、私もがんばります。ワンちゃんかわいいですね。家族の一員として大切にされているからしぐさが言葉みたいに伝わってきますね。

Re: さあやん様

おはようございます。コメント、ありがとう。

昨日の免疫療法の講座を聴いて、根治手術を望めそうもない私にとっては大変に希望が持てました。医学は確実に進歩しています。

抗がん剤治療で癌と闘っている間に、進行したスキルス性胃ガンを克服することができる薬や治療法がでてくるかもしれません。その日を夢見て、今、一所懸命に闘うしかありません。

確かに抗がん剤の副作用は辛いです。私も8ヶ月間、辛かったです。この辛さは、経験した者でなければわからないかもしれません。でも、同じ病に苦しみ、副作用に耐えている人達がいます。そのような人達と励まし合いながら、一緒に頑張りましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム