プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤治療(12クール3回目)

これからパクリタキセルの点滴をします。アルコールの静注によって、当然のことながら爆睡でしょう。

夕方までかかると思いますが、できればその後、マッサージ・針に行って、昨日の筋トレで疲労している体をほぐしたい。

いや、あくまでもマッサージ・針は、抗がん剤による痺れの緩和が目的ですけど

CTの結果は、前回7月の時と比較して変化なしでした。腹水なし。肝臓なんかは色艶がGOODみたいな感じ(笑)。

変化なし、ということは、悪くはなっていないけど、良くもなっていない、ということ。

これをどう捉えるか、というと、ノーテンキな私は、これ以上良くなりようもない位、良くなっているのだ、だから変化しようがないのだ、と解釈しています。

ちよっと楽観的過ぎる?。厳しい現実は十分にわかっています。でも、これ位、前向きでないと、押し潰されてしまいます。

一つの現実をどう捉えるか、それは各人の自由です。最悪を想定して準備をしておけば、クヨクヨ悩むよりも希望を持って日々を過ごした方が有益です。

私はそう思っています。皆さんはどう思っていらっしゃいますか?。

<< 予防接種 | ホーム | CT検査とパクリ >>


コメント

おはようございます。夫は、一昨日診察を受け、腎臓の数値が上限ぎりぎりになったので量を減らして抗がん剤スタートしました。が、腫瘍マーカーが基準値を越え前回の倍以上の値になり、主治医は、次回抗がん剤が効いて下がるかもなどと説明をうけながらもまたまた負の思考へと、、。主治医からカウンセリングや同じ病と闘っているひととの交流の場を探してみてと言われましたが(病院にはありません)本人は落ち込んだままです。
私の職場でご主人ががん患者の方からはゲームがいいよと言われました。ゲームをしているとその時間いろいろ考えないから、。その方は10年前大腸がんでステージ4。55歳で退職し7回手術、先日も8個新たな違う種類のがんをレーザーでとりました。10年前からは考えられないような医学の進歩だと言ってます。夫のスキルスはどんな悪だくみをたくらんでいるのかどこへひろがろうとしているのか、主治医は、相手が相手だけに、、と言います。ゆっくり夫の心が這い上がってくれるのを待っています。そうはいっても引きこもり状態ではなく、私となら出かけるというので、日曜日は野球観戦に行ってきます。病は気から!免疫を上げていかないとだめですね。がんばりまーす。

Re: さあやん嫁様

腫瘍マーカー値が基準値を超えると気が重くなりますよね。ご主人様のお気持ちがよくわかります。私も、一旦は正常範囲内に落ち着いた腫瘍マーカー値が、上限値の2倍を超える値となったことがあります。今も、上限値を超えたままです。イヤ~な気分です。
ここは一発、気分を切り替えて、そんなこともある、体調や体力が回復すれば、また腫瘍マーカー値が下がってくる、と思って、楽しいことを考えたり、したりしましょう。その方が、免疫力もアップして、きっと良い効果が出ますよ。
野球観戦はとってもいいですよね。病気を忘れて、ごひいきのチーム(虎ですか?)を精一杯応援しましょう。元気になられたさあやんさんをお待ちしています。
患者・家族会の準備を急がねばいけませんね。あと1つ仕事を片付けたら、できるだけ早く活動開始できるように頑張ります。もうしばらくお待ちくださーい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。