プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤治療(13クール目1)

今日も手足の痺れはありますが、快調です。

ただ、パクリタキセルの蓄積効果なのか、時々、といっても、2、3日に1回程度、食事中か食後にムカムカします。そのムカムカの程度が徐々に強くなってきています。

一昨日、鹿児島から帰る途中で昼食を摂ったときは、途中まで調子良く食べていたのに、急にムカムカしてしまいました。箸を置いて様子をみていたのですが、「これは危険かも」、と思い、席を立とうか迷いました

さて、今日はパクリの新たなクールの1回目なので、血液検査がありました。結果は、CA19-9が60.6で、前回(4週前)よりもわずかに上がっていました。CEAは、4.0で正常範囲内でした。

CA19-9の正常範囲は37,0以下です。担当医は、「40~60で落ち着いてくれれば良い。元々、パクリタキセルには、そういう効き方をする傾向があるので、上限値を少し超えていても、あまり高くない値で落ち着き、長くパクリを続けられれば良い。」と、おっしゃっていました。

ガンとの共生を考えると、腫瘍マーカー値が急峻に増えなければ良し、でしょう。微増程度は誤差範囲

いつものことながら、多少、貧血気味ですが、白血球や血小板の数は、正常範囲内です。

今、パクリを点滴しています。目が覚めました。再び爆睡へ。


<< スキルス胃癌患者・家族会「希望の会」 | ホーム | 旅行を終えて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。