プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと不思議なこと

夕方、筋トレから帰ってきました。なぜか2時間以上もバーベルやダンベルを持ち上げていました。体、ガタガタ

中2日あけて筋トレをしているのですが、ちょっと不思議なことに気がつきました。私は、3週続けて水曜か木曜にパクリタキセルを点滴しています。

点滴の2日目か3日目(点滴の日が1日目)の筋トレと、点滴の5日目か6日目の筋トレとを比べると、2日目か3日目、つまり点滴の翌日か翌々日の方が調子よいのです。特にベンチプレスでは、点滴の翌日か翌々日の時には12回ずつ4セット上げられるのに、点滴の5日目か6日目の時には4セット目は12回に達しません。

普通、点滴の翌日あたりはパクリが体の中に残っていて、正常細胞がパクリに痛めつけられているような気がするのですが、そうでもないのでしょうか?。パクリは点滴後、すぐに、例えば翌日朝には代謝されて体外へ排出されてしまうのでしょうか?。

そして、何日か経つと、正常細胞がパクリに痛めつけられた影響が出てきて体力が落ちるのでしょうか?。それとも、単なる気のせい?、気合いの入れ方の違い?。何とも不思議!。

<< 即席アイスグローブ&アイススリッパ | ホーム | 飲んで笑って免疫力ア~ップ! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。