プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

即席アイスグローブ&アイススリッパ

明日は、13クール2回目のパクリタキセル点滴です。

以前、他の方のブログで、アイスグローブなるものやアイススリッパなるもので手先や足先を冷やしながら点滴をすると、手先や足先への副作用が出にくい、という記述を読みました。

その後、いろいろと調べたら、手先や足先を冷やすのは、ドセタキセルによる手足症候群には有効であるが、パクリタキセルによって生じる末梢神経障害による痺れにはあまり効果がない、というような情報をネットでみつけました。そのため、パクリに変えてから特に冷やしもせずに点滴を受けていました。

そうしたら、最近、スキルス胃癌患者・家族会「希望の会」のメンバーさんから、実際に試したところ、パクリタキセルでも効果があった、と教えていただきました。これこそ、私達、患者や家族が欲しい生の情報です。希望の会を立ち上げて良かったです。また、この情報をくださったメンバーさんが入会されていて良かったです。このメンバーさんに感謝

そこで、早速、明日の点滴からアイスグローブとアイススリッバを使うことにしました。といっても、どこかで簡単に手に入るものでもなさそうなので、とりあえず、アイスグローブは鍋掴み用のミトンで代用し、アイススリッパは室内履きで代用することにしました。

冷やすのには保冷剤を使い、ミトンの中に保冷剤を入れて手先を突っ込み、室内履きの中に保冷剤を入れて足を突っ込む、という次第です。さて、上手くいくか否か、楽しみです。

↓ 簡易アイスグローブ
簡易アイスグローブ

↓ 簡易アイススリッパ
簡易アイススリッパ

<< 抗がん剤治療(13クール目2) | ホーム | ちょっと不思議なこと >>


コメント

恐縮です

早速試していただけるなんて、なんだか恐縮です。でも、もしあまり変わらない効かなくても許してくださいね。うちの主人単純な人だからプラセボ効果だったかもしれない(ノ_<)
でも本当に髪の毛そこだけ生えてきたんですよね。
と、ナースのゆいさんもシッカリ使っていたのでやっぱり効果があった患者さんを見ていたんじゃないかと推測したわけです。主人は痺れについてあまり私には語りませんでした。でも、こちらから聞くと、『まあ、いつも痺れてはいるよ
』と言ってました。あれだけ時間に余裕ができても、ピアノもギターも触る気にならなかったのは、昔のようには弾ける自信がなかったのではないかと今になって思います。そんな中、5月くらいにしばらく使っていなかったピアノのレッスン室で『少し練習始めようかな』と言い出しました。痺れが軽減されてきたからだったのか?今となっては真意が聞けません。手作りアイスグローブ、スリッパGOODですね。保冷用のシート、あの銀色のやつで補強すればバッチリだと思います。紅光さんにも効き目ありますように。

Re: かなしんぼさん

これは試してみる価値ありですね。効果を感じられればラッキーですし、感じられなければ、患者一人一人個人差がある以上は、仕方のないことですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。