プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人、知人に感謝

最近、立て続けに、涙が出るほど頭の下がる思いをすることがありました。周りの人々に感謝、感謝です。

一つ目は、昨日の記事でも紹介したように、高校時代の友人が新薬の情報を提供してくれました。この友人は、製薬会社に勤めています。仕事柄、新薬の情報に接する機会があるのでしょう。この新薬の情報を目にして真っ先に私に知らせてくれたのだと思います。

この新薬が、私に適用可能であるか否かは現時点ではわかりません。ましてや、この新薬の治験が終わる頃に生きているかもわかりません。もし、治験に参加できるなら、参加したいと思っています。

二つ目は、海外にいる、これも高校時代の友人によるものです。この友人は、現在、医療関係の方達と仕事をしています。その方達に私のことを話したところ、適切な医師を紹介できるかも、という展開になったそうです。この友人に、紹介していただける医師に連絡を取ってもらえるよう、お願いしました。

三つ目は、スキルス胃癌患者・家族会「希望の会」を支援してくださる医師等の医療従事者を求めていたところ、家内の知人から、相応しい人の紹介を受けました。紹介された方は、医師ではないのですが、癌関係のお仕事をされており、専門知識を有している方です。

いずれも、私や家内が駆けずり回っても知り得ない、あるいは出会えないであろう情報やご縁です。ただただ、周りの方々のご厚意に頭を垂れるのみです。

<< オフ会決定 | ホーム | 新薬の情報 >>


コメント

すごいですね。いろいろな温かいぬくもりのある周りの方々に囲まれておられてすてきですね。夫の主治医がやらずに後悔するよりやったほうがいいと治療をすすめてくれました。いとこは病理医ですが治療に専念することが肝要といってくれました。主治医は言葉数の少ない人で、発言で夫はよく落ち込みますが、何事も自分が動くとの大切さを紅光さんはじめ周りのみなさまから学んでいます。ありがとうございます。あと、痺れなどはいかがでしょうか?ご自愛くださいね。夫は休薬中ですが、やはり目がしんどいみたいです。涙を抗がん剤でやられています。がんばります。

Re: さあやん嫁様

「やらずに後悔するよりやったほうがいい」、確かにそうですね。背中を押されたような気がします。
来月の頭には、告知を受けて1年。手術の見込みがなくなってきたところで、そろそろ今の治療に対して一度見直す必要があるかも、と思い始めていました。
相変わらず痺れはあり、徐々に強くなってきています。今後、ずーっと抗がん剤治療を続ける上で、例えば足が痺れて自力では立てない、歩けないでは、QOLが著しく低下してしまいます。そうなる前に、何らかの手を打たねば、と思っています。
さあやんさんも副作用で辛そうですが、ともに頑張りましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。