プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人の気遣い

今日、高校時代の友人が訪ねて来てくれました。今月末に高校の同期会が開かれるのですが、私はこの友人と一緒に幹事をしています。実際のところは、毎回、この友人が同期会の幹事なのですが、今回、私が闘病生活を送っているのを知って、激励の意味を込めて幹事の一人に私の名前を入れてくれました。

この友人は、スキルス性胃ガンに特化した患者会を探している時に、いろいろと調べて情報をくれました。「気になる患者会があれば、日本全国どこへでも行って活動内容とかを調べてくる。」と言ってくれていました。また、スキルス胃癌患者・家族会[希望の会]を立ち上げる際には、「何でも手伝うから。」と言ってくれていました。今回の関東、関西のオフ会に関しても、「手伝うことがなくても、そばに控えているだけでもいいから。」と言ってくれています。

今日、わざわざ訪ねて来てくれたのも、表向きは同期会の最終的な打合せですが、本当は、私の様子を見に来てくれたのです。一人で歩けるのか?、同期会の会場まで付き添った方が良いのか?、食べられる物はあるのか?、など、細かく心配してくれてのことでした。そんな細やかな心遣いに、ただただ感謝し、嬉しくて涙が出そうでした。

いつも思うことですが、持つべきものは友です。まじめな高校生であったとは言えませんが、そんな私を気にかけてくれて嬉しいです。

<< 今日は屋形船 | ホーム | [希望の会]関西・関東オフ会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。