プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショックな知らせ

癌友からショックな知らせが届きました。今使っている抗がん剤が効いてないため、別の抗がん剤に変更する、とのこと。

「ショックな知らせ」なんてもんじゃありません。ハンマーで頭をガツンと殴られたようでした。しばらくの間、何も考えることができませんでした。

ついこの間、「少しでも長く今の抗がん剤を使い、効かなくなったら薬を変え、また少しでも長くその抗がん剤を使う。これを繰り返しているうちに、新薬が出るし、新しい治療法が確立されるかもしれない。根治不能で、抗がん剤を使うしかない場合、そうして命を繋いでいくしかない」と話し合ったばかりです。

それなのに、癌友の使える抗がん剤が一つ減ってしまいました。残念でなりません。「新薬よ速く出ろ!」と願わずにはいられません。次回から使う抗がん剤が効いてくれるのを祈るのみです。

今日一日、切なくて切なくて。気分は落ち込み気味。癌友の気持ちを思うと、どう励ましていいのやら、言葉もありません。気持ちの整理がついて、癌友が再び前を向くのを待ちます。

<< 高校同期会 | ホーム | 腸閉塞とか胃の通過障害とか! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。