プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先の見通し

今日、バイクの自賠責保険と任意保険の継続手続きをしました。今入っているのは、自賠責も任意も3年契約の保険です。この12月で丸3年。3年前は、スキルス性胃ガンと闘っているなんて思ってもいなかったので、3年契約にしました。

今回は、どうしよう。任意保険の方は、先月からさんざん更新勧誘の電話がかかってきていました。更新するかしないか、すなわちバイクに乗るか乗らないか、迷っていて、今日までズルズルと引っ張っていました。直近では、先月末の同期会の往き帰りにバイクに乗ったのですが、体力の低下を痛感し、手放すことも考えました。

秋口から春先までは、バイクに乗るのを控えた方が良いでしょう。風邪をひいたら抗がん剤治療が中断してしまいます。なんとしてもそれは避けなければいけません。また、夏は暑くて、体力の低下した体には厳しすぎるでしょう。仕事でバイクに乗っているわけではないので、なくても困りません。

この1週間、真剣にバイクを手放すことを考えていました。でも、筋トレの効果が出てくれば、あるいは抗がん剤が変われば、また苦もなくバイクを引き回すことができるようになるかもしれません。そう思って、あと1年だけ更新してみることにしました。

この1年で、例えば癌が悪化してバイクは無理、との結論に至ったら、手放すことにします。告知から1年。告知時の自分への約束が「あと30年生きる」でしたから、あと29年は生きなければいけません。29年生きられそうな気がしています。

でも、バイクは1年ずつ更新です。スキルス性胃ガンは進行が速いだけに、今日は元気でも、明日はどうなっているかわかりません。一歩一歩、また一歩です。この言葉は、夏に高校時代の友人が富士登山のお土産に買ってきてくれたのれんに書かれていました。今、この言葉を噛みしめています。

<< 吐き気 | ホーム | ダブルヘッダー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。