プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチオフ会~最近思うこと

永ちゃんのライブの興奮が未だ覚めやらぬ一方、癌友の失意の中での覚悟を知り、切ない思いで一杯です。そんな中、今夜、治療のために遠方から東京へ来る、スキルス胃癌患者・家族会[希望の会]のメンバーと会って夕食を共にします。

メール等のやりとりはしていますが、会うのは初めてです。どんな人なんだろう、とワクワクドキドキしています。こうやって同じ病と向き合っている人に会うと、いろいろな話を聞けます。知っているようで知らないことが、まだまだ沢山あることに気づかされます。それは治療法に限らず、その人の価値観や人生観などから病に向き合う心構えを気づかされることもあります。

進行癌、特に治らないとされているステージIVの患者に対して、世間の人はどのようなイメージを持っているのでしょうか。もうすぐいなくなってしまう人、落ち込んでいて暗い人、癌性疼痛や抗がん剤の副作用で苦しんでいる人、そんなところでしょうか?。

でも、そんなことはありません。確かに、病状や副作用によっては痛みや息苦しさや吐き気や下痢などで辛いこともありますが、皆さん、明るく前向きに生きています。癌であること、癌であることによって生じる様々なことを除けば、健康な人と全く変わりがありません。

ただ、健康な人が死を意識することはあまりないと思いますが、癌患者は常に死を意識していると思います。ちょっとでも体調が優れなかったり、いつもと違う感覚を覚えたりすると、癌細胞の増悪や転移や再発を疑ってビクビクします。

一人きりでは凹むことも多々あります。そんな時は、やはり家族や友人や癌友の支えが必要です。決して一人じゃないよ、いつも気にかけているよ、といったメッセージに支えられて立ち直ることができます。そして、残された人生を全うすることができると思っています。

とりとめのない内容になってしまいましたが、最近、感じていたことを書きました。

<< がん医療フォーラム2014 | ホーム | 永ちゃんのライブ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。