プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO法人ブーゲンビリアとの出会い

先日のNPO法人化会合に参加してくれた友人の計らいで、都議会議員の方を介して、乳がんを対象とした患者会[NPO法人ブーゲンビリア]の理事長 内田絵子(えいこ)氏にお会いしました。

同会は、東京都立川市を拠点として活動されており、2004年にNPO法人化されています。内田氏は、とてもパワフルで、まっすぐな信念をお持ちの方でした。

今日、中野サンプラザで同会主催のシンポジウムが開かれていました。急遽、そこへ押しかけ、シンポジウム終了直後に内田氏から、NPO法人化に関するお話を伺いました。

大変にためになるお話でした。「会を立ち上げるのは大変だけど、立ち上げたのなら90%はできたようなもの」と、背中を押してくださいました。

希望の会もNPO法人化を目指していますが、現状は暗中模索状態でした。今日、内田氏にお会いできて良かったです。大変に幸運でした。

特に印象に残ったのは、「スキルス胃癌の患者さん達の灯台となったのだから、その灯を絶やさずに灯し続けなければならない」というお言葉でした。

確かにその通りです。途中で会が消滅してしまったら、不利益を被るのは患者や家族です。どんな時でも希望の会がある、頼ることができる、という安心感が大事です。

まずは背伸びをせず、やれることから一歩一歩進めてみようと思っています。そして、いずれはNPO法人化して社会的な信頼を得、永続性を確保したいと思っています。

皆様のご協力、ご支援をお願いいたします。

<< 希望の会メンバーとランチしました | ホーム | 抗がん剤の減量に対する考察 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。