プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢を散策

昨夜は金沢に泊まりました。病院を後にして、ホテルにチェックインし、姉に電話でセカンドオピニオンの内容を知らせたり、とバタバタしていたら、結構、寝るのが遅くなってしまいました。

今朝は、散歩がてらブラブラと金沢の街を歩き回りました。

まず、昨日のセカンドオピニオンを受けた病院の関連病院を見に行きました。昨日の先生に手術をお願いする場合、まずはこの関連病院で、術前の腹腔内抗がん剤投与をするためのポート設営手術を受けます。

そのため、どんな感じの病院か予習です。古めかしく、こじんまりとした、どこにでもあるような病院でした。ケモ室や手術室を確認することができました。と言っても、もちろん部屋の中には入れないので、廊下から見ただけですが。

数日前に知ったのですが、今日の午後、偶然にも知人の家族がこの手術室で手術を受けます。手術室に向かって、心の中で手を合わせ、手術が無事に済むことを祈りました。

その足で兼六園に行きました。せっかく木々に雪吊りが施されているのに、肝心の雪がありません。園内をクルクル歩き回り、疲れたところで兼六園団子と甘酒をいただきました。

その次は金沢城です。スケールの大きさと石垣の凄さに圧倒されました。が、途中で両脚がつりはじめ、歩くのが困難に。ここまでで3時間程、歩き詰めで、腰を下ろしたのは兼六園の茶屋での10分足らず。足がつってもおかしくありません。

おそるおそるタラタラと歩いて近江町市場へ向かいました。市場内をまたもやクルクルと回り、先日、テレビで紹介されていた回転寿司屋で早めの夕飯にしました。回転寿司とは思えないほど、美味でした。

そして、またもや歩いて金沢駅に戻り、今、東京へ向かっています。

<< 抗がん剤治療(16クール目2) | ホーム | 一筋の光明? >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 1/21夜に秘信をくれた方へ

先日はお会いできなくて残念でした。次はぜひ!
拙いブログを読んでいただき、ありがとう。
これから辛い治療が始まるかも。応援よろしくお願いします。

Re: 1/22に秘信をくれた方へ

そうです。その手術です。
コメントを読んで安心しました。
ありがとうございます。

次回は・・・

お疲れ様でした。東京の方はなんでもあるからどうかしら?とも思うのですが、次回は美味しい鰻屋さんをご紹介しますね。苦手でなければ。量が食べられなくなっていた主人の栄養補給食でした。そのはす向かいには行列のできるフルーツシュークリームのパーラー。そんな癒しがあってもいいですよね。この治療には。

Re: あき母様

いつも応援していただき、ありがとうございます。
鰻、大好きです。楽しみが増えました!。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。