プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃全摘手術へ向けて

思いがけず、担当医から姑息手術によって胃を全摘することを提案されました(その時の記事はこちら)。昨年の今頃は、ステージIVであることや腹膜播種があることの怖さを知らずに、胃全摘を望んでいました。

1年経ち、いろいろな知識を得た結果、今では、腹膜播種が残っている状態で胃全摘手術を行うことの怖さを良くわかっています。術後、アッという間の再発・転移、手の施しようもなく、緩和ケア行き、というお決まりのコースが頭に浮かびます。

今回、胃全摘手術を行わずに今まで通りの抗がん剤治療を続けるとしたらどうなるのでしょう。食事を摂れない状態がますます進行し、いずれは食べられなくなってしまうのでしょう。そうなると、生きていくためには、高カロリー栄養の静注などに頼るしかありません。

それなら、担当医が勧めてくれるように、腹膜播種の治療実績のある病院で胃全摘手術を受けた方が良いことになります。今回、その決断をし、来月から北陸にある、腹膜播種の治療実績のある病院で治療を始めることにしました。

まずは、腹部にポートを埋設する手術を受けます。今後は、そのポートを介して腹腔内に高濃度の抗がん剤を投与します。腹膜の播種が直接、抗がん剤に曝されるため、静注で抗がん剤を投与するよりも効きがよいそうです。

幸いにも、私の播種は横隔膜の下辺りに僅かに認められる程度です。ただし、これは、2014年5月の審査腹腔鏡の結果なので、今はもっと広範囲に散らばっているかもしれません。

北陸の病院の先生は、「腹膜播種が2014年5月当時と余り変わっていなければ、それと顔つきが良ければ、おそらく腹腔内投与によって播種が消える」と言っています。そうなれば、腹膜播種のない状態で胃全摘手術を行うことができます。

つまり、胃のつかえ感をなくして食事ができるようにするという姑息手術としてではなく、通常の腹膜播種を伴うスキルス性胃ガンの治療として胃全摘手術を行うことができます。

来月のポート埋設手術に先立って審査腹腔鏡を行い、播種の状態や他臓器への転移の有無などを審査し、それによって術前の腹腔内投与を行うか否かを判断することになるのでしょう。

何とか、術前の腹腔内投与だけでも試してみたいです。腹腔内投与を何クールかした結果、播種が消えないため、胃全摘手術を行えないのなら、諦めもつきます。

積極的な治療に踏み切る最後のチャンスだと思っています。正直言って怖いです。今の平穏な日常生活が一変する虞もあります。でも、「あの時にやっておけば良かった!」という後悔はしたくありません。

また、術前、術後の腹腔内抗がん剤投与の治療効果について、身をもって体験し、ブログ上で逐次、経過を報告することによって、このブログを読んでくれている多くのスキルス性胃ガンの方の参考になれば、と思っています。例え、その結果が悪くても。

てぬき

追記
何故か本文末に「てぬき」と入力されていますが、全く入力した覚えがありません。
時間をかけて書いたのに、よりによって「てぬき」だなんて(笑)。
決して「てぬき」なんかしていません。

<< 蟹と鰤 | ホーム | プチオフ会 >>


コメント

お疲れ様です。現実と向き合う厳しさと強さが文面にあふれていて身が引き締まる思いで読ませて頂きました。
ありがとうございます!私も、がんばります!

Re: さあやん嫁様

現実は時に厳しいものですが、ただただ向き合って、最善を尽くすしかないと思っています。
私もさあやんさんとさあやん嫁さんを応援しています。

胃の全摘出

明日、手術を行います。胃の2/3~全部摘出手術の予定です。
ただし私は過去の手術により、腹の中を予め知ることが難しい。
開けてビックリ玉手箱です。
ステージⅢからⅣが疑われています。
標準治療としての胃切除を目指します。

しかし、もし非治癒因子が存在した場合、積極的な手術は中止。
バイパスなど姑息手術に切り替えです。
ただし過去の複数回の開腹手術により、小腸の挙上が不可能な場合もあり、その場合は開腹術のみにおわる場合もあります。

Re: ナギー様

まだ手術中でしょうか?。
朝から、標準治療としての胃切除が成功されることを祈っています。
回復されましたら、コメントでもメールでも構いませんので、
また連絡をくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。