プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腫瘍マーカーって当てになる?

昨年末から、従来通り抗がん剤治療を行うための病院の他に、漢方外来のための病院にも通っています。どちらの病院でも血液検査をします。

漢方外来のための病院では、今月23日の外来で2回目の血液検査を行いました。その結果、「ちょっと、それおかしくない?」という疑問が湧きました。

2014年11月~2015年1月のCA19-9及びCEAの値と、検査した病院(検査機関)とを抜粋します。どちらの病院でも、CA19-9の正常範囲は0.0~37.0であり、CEAの正常範囲は0.0~5.0です。

2014/11/19
CA19-9 : 73.9 抗がん剤治療のための病院
2014/12/18
CA19-9 : 71.0 抗がん剤治療のための病院
2014/12/26
CA19-9 : 122.8 漢方外来のための病院
2015/1/14
CA19-9 : 80.5 抗がん剤治療のための病院
2015/1/23
CA19-9 : 120.9 漢方外来のための病院

2014/11/19
CEA : 4.7 抗がん剤治療のための病院
2014/12/18
CEA : 3.8 抗がん剤治療のための病院
2014/12/26
CEA : 8.9 漢方外来のための病院
2015/1/14
CEA : 4.5 抗がん剤治療のための病院
2015/1/23
CEA : 9.6 漢方外来のための病院

皆さんもお気づきのように、CA19-9については、漢方外来のための病院の数値は抗がん剤治療のための病院の数値の1.5倍以上も高くなっています。また、CEAについては、漢方外来のための病院の数値は抗がん剤治療のための病院の数値の2倍以上も高くなっています。

ただし、抗がん剤治療のための病院の数値だけで比較すると、CA19-9もCEAも横ばいです。また、漢方外来のための病院の数値だけで比較すると、やはりCA19-9もCEAも横ばいです。従って、どちらかの病院での値だけを参考にすれば、癌が制御されているのか(例えば数値が下降傾向にあるか、横ばいの場合)、癌が増悪しているのか(例えば数値が上昇傾向にある場合)を推測することはできます。

しかし、同じ正常範囲に対して、抗がん剤治療のための病院の数値は低めに出て、漢方外来のための病院の数値は高めに出るのは、おかしいとは思いませんか?。抗がん剤治療のための病院の検査部に知人を介して確認してもらったところ、使っている試薬や装置によって検査機関ごとに値が異なることがわかりました。

そんなのアリ?。

検査機関ごとに、使っている試薬や装置に基づいて正常範囲が異なっていれば問題はないのでしょうが、抗がん剤治療のための病院と漢方外来のための病院とのように正常範囲が同じであれば、誤差範囲内の値が出なければ検査の意味がありません。

例えば、癌の疑いがあり、初めての血液検査を、漢方外来のための病院で受けた場合、値が高めに出るので正常範囲を超えてしまい、「癌の疑いアリ」となるかもしれません。一方、初めての血液検査を抗がん剤治療のための病院で受けた場合、値が低めに出るので正常範囲に入り、「癌の疑いナシ」となってしまいます。

本当は癌がある場合、後者では見逃されてしまいます。これは、あくまでも腫瘍マーカー値のみに基づく話であって、実際は、内視鏡やX線撮影やCTなど、他の検査結果と合わせて判断するので、問題は起こらないのでしょう。

しかし、同じ正常範囲に対して、検査機関によって出る数値が異なることは本来あってはならないことではないでしょうか?。皆さんは、どう思われます?。元々、腫瘍マーカーなんてその程度のもの、傾向さえ掴めればそれでいい、ってことでしょうか?。

<< キツイ! | ホーム | ホームページ作成 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

本当に有難いことです。紅光さんご夫妻の人脈、人徳あればこそです。素晴らしいHPできることと思います。楽しみです。

Re: 1/27に秘信をくれた方へ

大変に勉強になりました。ありがとうございます。
できれば、医療界で、こういう細かいことに疑問を抱き、
是正されていくことを望んでいます。
何たって、患者は、担当医から示される
病状等の説明を信じるしかないのですから。

Re: かなしんぼ様

学生時代、先輩風を吹かせて酒を飲ませたりしていたのに。。。
今、手伝ってくれている後輩達に申し訳ない気持ちで一杯です。

そんなのあり?

主人はセカンドオピニオンを受けてないので 一箇所のデータのみ!そんなのあり?ですね ただ 横ばいの数値見ても ビタミンCのクリニックの先生に言わせると 腫瘍マーカーは単なる目安で重要ではない!と言われたのですが 逆に正常値だからと安心でもないと言われました

Re: keiko様

私も、腫瘍マーカーがそれほど正確ではなく、傾向を知ることができれば十分、だとは思っています。
ただ、同じ指標に対して検査機関で数値が異なり、場合によっては正常、異常の判断が分かれる虞があるにもかかわらず、「そういうものだから」で片付けてしまう医療業界のいい加減さに「???」と思ってしまうのです(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。