プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子

今朝、息子が来ました。明後日の入院を前にして私の顔を見にきたのでしょう。息子に会うのは先月のサイパン以来です。

久しぶりに昼、夜とご飯を一緒に食べました。私は胃の不調によりそれほどたくさん食べられてはいないのですが、息子は「よく食べているじゃない」、「これだけ食べられれば大丈夫」と励ましてくれます。

そして、「金沢の治療が上手くいって落ち着いたらダイビングのライセンスを取りに行こう」、「また、お父さんと潜りたいよ」と言ってくれます。

家内はそれを聞いて涙を流していました。私も目が潤んでしまいました。

息子や娘は、私や家内の支えとなっています。愛犬は、私や家内の癒しとなっています。家内から聞いたのですが、息子は毎日私の写真を見ているそうです。

息子よ、待ってろ!。金沢で一歩踏み出すから。必ず復活するから。そうしたら、ダイビングのライセンスを取りに行こうか。

<< いよいよ明日、金沢へ | ホーム | 抗がん剤が抜けてきたかも >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。