プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院しました

昼前に金沢の病院に入院しました。主治医のK先生、明日の腹腔鏡下手術の執刀医H先生に会い、手術の説明を受けました。

その後、血液検査、心電図、肺機能検査、胸部と腹部のX線撮影を行いました。本日一番辛かったのは液体の下剤を飲むことでした。味はスポーツドリンクをちょっと濃くした感じ。

どうってことない味ですが、ちょっと舐めた程度なのに、ムカムカ~と吐き気がこみ上げてきます。必死に生唾を飲み込んで吐かないよう耐えました。

5分ほど耐えていたらようやくムカつきがなくなりましたが、なんと下剤はコップ1杯、200mlもあります。舐めては吐きそうになりながら1時間半もかけてチビチビと飲み干しました、というよりもペロペロと舐め切りました。

これは今までのがん治療の中でもトップ3に入る辛さでした。拷問に近い!。と言いながらも、喉元過ぎればなんとやらで、既に良き思い出となってしまいました(笑)。

さぁ、明日は待ちに待った手術。楽しみ~。何たって、今夜9時からの絶飲食がいいよね~。ここんとこ、ちょっと食べるのが苦痛だったから。

<< いよいよです | ホーム | オフ会から金沢へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。