プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘信をくれた方への感謝

昨年の秋頃からでしょうか、ちょくちょく秘信コメントをくれる方がいます。その後、初冬の頃に会って話をしました。

この方は、スキルス性胃ガン患者ではありませんが、この病に深い知識をお持ちです。最初の頃から秘信コメントでスキルス性胃ガンの病態や怖さを教えてくれました。

その頃、私は、一生抗がん剤で延命を図るという治療方針のもと、抗がん剤によるコントロールが効いていて、比較的体調の良い生活を送れていました。

その状態がずーっと続くような気がして、スキルス性胃ガンは怖い、という気持ちが薄らいでいたように思います。そのため、根治へ向けて、その快適な状態から一歩を踏み出すことができず、根治手術に対して半ば諦めに近い気持ちがありました。

それから1ヶ月も経たないうちに再び胃のつかえ感、不快感、吐き気などの症状が現れてきました。告知から1年が過ぎるか過ぎないかといった頃にもう不調が訪れるなんて。。。

結局、担当医から、望まない形で胃全摘という姑息手術を提案され、それを受けることにしました。それがきっかけで、このブログにも以前書きましたが、金沢の病院で術前腹腔内化学療法を受け、胃全摘とともに腹膜播種を治療することになりました。

そして、先月、1回目の腹腔内に直接抗がん剤を投与してきました。このように、今回の治療は、姑息手術をきっかけとしてスタートしました。しかし、金沢の病院の担当医チームは、姑息手術ではなく、根治を目指して治療する、と言っています。ありがたいことです。

このように、標準治療の枠からはみ出て、先進医療の治療に辿り着くように導いてくれたのは、先の秘信コメントでスキルスの怖さを教えてくれた方だと思っています。感謝!の一言です。

ありがとうございます。

<< ようやくスッキリ | ホーム | しつこい副作用 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 3/4に秘信をくれた方へ

いつも温かく見守っていただき、ありがとうございます。
これからも応援、よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。