プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方サポート外来

今日は漢方サポート外来の日でした。毎回のことですが、今日も血液検査をしました。

金沢での抗がん剤治療の効果が出ているか、期待していましたが、真逆の結果でした。いつもこの病院での血液検査では、腫瘍マーカー値が高く出る傾向にあります。

それでも今回の結果は、明らかに腫瘍マーカー値が激増しています。CA19-9(正常範囲:0.0~37.0)は、前回120.9であったのが、今回は362.3と3倍に達しています。

CEA(正常範囲:0.0~5.0)は、前回9.6であったのが、今回は11.3であり、依然として上昇傾向ではあり、微増ではありますが、増えているのは確かです。

これらの結果からは、すでにパクリタキセルが効いていないことが窺えます。来週の金沢での腹腔内投与はどうするのだろうか?、パクリに代えて違う抗がん剤を投与するのだろうか?、と医療従事者でもないのに思ってしまいました。

これは金沢の医師団が決めることで、素人の私があれこれ悩む問題ではないですね(笑)。

<< 不安定 | ホーム | ゼローダ終わり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。