プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い悩む

今日一日、あれやこれやとネットを検索したり、ふつふつと思い悩んだりしていました。

抗がん剤治療を続けているがん友が、使用する抗がん剤を変更することになりました。次でフォースラインです。

そして、主治医から「次で最後の抗がん剤」と宣言されてしまいました。もう使える抗がん剤がない、ということです。使える抗がん剤がなくなること、それはこれ以上の治療を望めないことを意味します。

ステージIVではありますが、がん友はまだまだ元気です。よく笑うし、よく食べます。とっても行動的です。

早く新薬が出てきてほしい、そう切に願っています。フォースラインが効いているうちに次の薬が出てくれば、それ以降も抗がん剤治療を継続できます。

私達ステージIVの患者は、原則、手術不適応です。胃の場合、放射線治療も適していません。標準治療では、抗がん剤治療が唯一の治療法です。薬を変えながらいかに長く抗がん剤治療を続けるか、それが生きていく上で重要なポイントです。

エビデンスを重視する医師の場合、薬の種類、組合せ、量などを柔軟に変更することを嫌う傾向にあるように思います。それゆえ、患者の容態がまだまだ抗がん剤に耐えられる状態であっても、エビデンスのある治療法が底をつくと「最後」と言ってしまうのでしょう。

そこからは、何としてもこの患者を救う、という気概が見えてきません。残念なことです。

その一方で、自分が断ったらこの患者の治療は終わってしまう、すなわち死を待つだけになってしまう、だから手を尽くして治療を引き受ける、と言ってくれる医師もいます。

どのような医師に巡り合えるか、それが最も重要に思えてなりません。

<< 情報の提供 | ホーム | 司法書士とうなぎ >>


コメント

たった一つの命が係っているのだから、、、

遠慮しないでドクターともっと良く話しあった方が良いと思います。
私、初人間ドックにいく前に、生まれてからそれまで胃痛なんて経験なかったのに胃痛が時々あったので、人生初胃カメラ(想像しただけでオエーッとなりそうで胃カメラは受けたくなかったから(>_<))のかな~~~りの覚悟して個人病院に行ったんです。でもドクターが『そんなに心配せんでも大丈夫、大丈夫から。今から出すお薬飲んだらチョチョイのチョイやわv-221
と言われ結局その言葉に流され「胃の検査」を受けなかったんです(-.-)

その後だいぶしてからの初人間ドックで「胃がん」と言われた時の私のショックv-404
なぜあの時自分の気持ち(胃カメラをして欲しくて受診した)をもっと強く主張しなかったのかと後悔、、、

「ショックv-404」と「後悔v-406」未だに忘れられません!!

Re: メイ子様

確かに、風邪や胃腸炎とは違って命にかかわることだから、納得いくまで主治医と話し合うのがベストですね。
それでも納得いかないのならば、セカンドオピニオンを仰ぐことも必要ですよね。
諦めたらおしまい。諦めずに次の一手を模索するのが大事ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 3/11に秘信をくれた方へ

コメント、ありがとうございます。
知識の豊富さと的確なアドバイスに、いつも感服しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 3/11 20:35に秘信をくれた方へ

貴重な情報をありがとうございます。
治験情報をこまめにチェックします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。