プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ金沢へ

明日からの抗がん剤治療のため、金沢へ向かっています。

前回、シスプラチンで苦しんだので、とても旅行気分で、なんて気楽には行けません。覚悟して向かっています。

まぁ、前回のようにどれ位辛いんだろうと不安になっているより、相当辛いってわかっている方が気が楽ですが。。。その辛い期間も1週間だと思えば、我慢もできます。

今、越後湯沢から金沢へ向かう特急はくたかの中ですが、なんと、東京の病院でお世話になっている、あの看護師のMさんにばったり会いました。お互いに指差しあってビックリ!

いつもいつも親身になって接してくれるMさんに会えたことで、明日から頑張るパワーがみなぎってきました。

とにかく頑張ってきます。

<< 入院しました | ホーム | 情報の提供 >>


コメント

ビックリ

おつかれさまです。そんなことがあるのですね。
私達夫婦は、金沢ではまにゃーさん意外、知っている人に会うことがありませんでした。当然といえば当然。どんなに短い時間でも、見知らぬ土地で会う既知の人はほっとさせてくれますよね。本当に嬉しい。

もしかして、このタイミングは看護師学会?でしたか?去年入院とバッティングしてホテル取りづらい時あったのを覚えてますが。最後のJRはくたか。Mさんにも素敵な旅でありますように(^-^)/

Re: かなしんぼ様

あり得ない遭遇にビックリしたりホッとしたりでした。
Mさんは息子さんと帰省するところでした。
それだけに余計にあり得ない偶然でした。

虹を渡って

看護師Mさんとの出会いには、さぞ驚かれたことでしょうね!

僕はゲンを担ぐほうではありませんが、
でも、親身になってくださる看護師さんとの出会いは、
この先に善いことが待っていることの先触れ、
そんな気がします。
「四つ葉のクローバー」あるいは「虹」ですね。

僕自身はTS-1の2クール目、投薬中です
(1クールは、2週間投薬(朝夕各20㎎2錠)、1週間休薬)。
胃がんの問題点も、TS-1の副作用も、ほとんど表面化していません。まぁ、投薬量が少ないですからね。

金沢の入院生活のお話を、楽しみにしています。
「楽しみ」という表現は不謹慎ですね。
しかし、とても厳しい体験も、紅光さんは、希望を込めて語ってくださいます。だから、「楽しみ」と表現したくなるほどに、ブログ更新を心待ちしてしまうのです。スキルス1年生のナギーとしては。


Re: ナギー様

できれば引き返したい気持ちで電車に乗っているときに、
「頑張っておいで、辛い治療だというのは良くわかっているから」
と言われたようで、とても嬉しかったです。
ブログの更新を楽しみにしてくださって、ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。