プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京へ

おはようございます。

今日、退院します。明後日まで入院の予定でしたが、抗がん剤の副作用が軽いので帰ることにしました。初北陸新幹線で

昨夜は、いびきというリズムを刻むパートがいなかったので静かでした。ところが、昨夜は昨夜でとんでもないことに

夜中、向かいのうなされお爺さんが突如うなり声をあげ、それに驚いて肺炎患者と私が目を覚まし、肺炎患者が激しく咳き込む。その咳でうなされお爺さんが目を覚まし、トイレに行く。

トイレは部屋についているので、足音、扉の開閉音、洗浄水の音など、やかましい。次いで、咳の収まった肺炎患者がトイレに行く。終わるのを待って私もトイレに行っておく(別の機会に行って起こしたら申し訳ないので)。

このパターンが0時頃と2時頃の2回ありました。4時過ぎには肺炎患者が活動を開始するので目が覚めます。今、とっても眠いです(笑)。

朝からしょーもない話でゴメンナサイ

<< 副作用 | ホーム | 希望の会会員に会いました >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

だいじょーぶ

昨夜もご苦労様でした。しょーもなくないですよ。。同感!そうそう!っていう同病のかた、いっぱいいるはず。こればかりは大部屋入院の場合さけてとおれないですもの。

初新幹線、かがやきかしら?お気をつけて。

Re: 3/17に秘信をくれた方へ

シスプラチンの遅効性吐き気が出る前に帰ることにしました。東京の病院に比べればこちらの病院食は美味しいですよ。ただ食べたいメニューでないため箸が動かないんです(笑)。

Re: かなしんぼ様

かがやきで帰ります。たった今、動き出しました。

大部屋にトイレ

 ナギーです、どうも。
 いびきは「リズムを刻むパート」なんですね。なるほど!
『耳栓の威力』の回は、申し訳ないが笑ってしまいました。
夜中の騒音を音楽的に表現するなんて、さすが紅光さん。
たしかに夜中の騒音はジャム・セッションのようです。叫び声は
差し詰め、間奏のギターソロでしょうか。

 新しく建てた、今風の病院は、
大部屋にトイレがついている、というパターンが多いですね。
「大部屋にトイレが付いているなんてイイねぇ。
痛いときには、長い距離を歩くのはツライもんね」
と無邪気に喜んだひとは多かったのでは?
 そうです。私も、そのひとりです。

 ・・・そうか、「五月蠅い」というところまでは、
思いが至りませんでした。トイレというものは「無音」じゃないのですよね。

「別の機会に行って起こしたら申し訳ないので」と考えた
紅光さん、さすがです。
なるほど私も便意より遠慮が先に立ちそうです。

ところで、臭いは漏れないのですか?

Re: ナギー様

入院慣れしていない頃は夜中に、うるさいなーと思っていましたが、今は何となく三重奏とかを微笑ましく楽しんでいます。
意外にもトイレの匂いがしないんですね。近大病院は薬臭さや尿・便の匂いなどあまり感じないですね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。