プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京で治療

明日、金沢の病院を退院します。金沢の病院での治療は、骨転移が消滅するまで中断です。

O准教授から、次の抗がん剤としてイリノテカンを勧められました。そして、イリノテカンなら初回だけ入院し、その後は外来でできるので、外来のために金沢まで通ってくるか、東京の病院に通うか、聞かれました。

2週に1回ずつ金沢に通うのは時間的にも経済的にも体力的にも大変なので、東京の病院ですることにしました。O准教授も東京の担当医も快く受け入れてくれました。両医師、両病院に感謝です。

早速、退院翌日に東京の病院に入院し、イリノテカンの1コース目を行います。

O准教授からは、東京での治療が奏功して骨転移が消えたらまた金沢の病院に来て手術に備えれば良い、と言われました。

まだまだ望みはあります。希望を捨てずに抗がん剤治療を続けます。

<< 退院しました | ホーム | 骨転移 >>


コメント

骨転移に対しての治療は何かなさるのですか?
私は先日のMRIで骨転移の濃染結節を言われ(骨転移は以前から指摘済)、今度PET/CTで再度確認してから進行しているようなら放射線治療、未だ余裕があるようならランマークという月一の注射治療をするみたいです。抗がん剤はパクリを継続しながらです。
ランマークは骨転移を消滅させるものではなく、進行を抑えるためのものみたいです。
原発が違うと治療法もかわるのですが、まずはイリノテカンで消滅を狙うってことなんですね。
奏効して手術に持ち込める事を祈っています。

Re: かよんぼ様

温かい励まし、ありがとうございます。
骨転移部分に対する放射線治療は、痛みがあったり骨折のおそれがある場合に、緩和的に行うものであり、私の場合はそのいずれにも該当しない、とのことでした。
PET-CTで見えている箇所以外にも画像に映らない程度の骨転移があるかもしれないので、見えている所だけ放射線治療で叩いても完全に骨転移がなくなったとは言い切れないそうです。
従って、全身化学療法によって骨全体に対して治療する必要がある、とのことでした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 4/13に秘信をくれた方へ

いつも応援してくださり、ありがとうございます。
放射線治療については、今まで考えたことがなかったので、わからないことだらけです。これから情報を集めたいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。