プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外泊から退院へ

昨夜、担当医から電話があり、金沢から診療情報が届かないため、今朝からの抗がん剤治療をすることができない、との電話がありました。

昨日、入院した後、担当医と、イリノテカンに変えるか、もう何コースかゼローダ+シスプラチンを継続してみるか、相談しました。

私が腹部の症状に関しては改善されてきているのを感じているため、腹部に関してはゼローダ+シスプラチンが効いている可能性があるのではないか、という疑問があります。もちろん、ゼローダ+シスプラチンではなく、パクリタキセルの腹腔内投与が効いていたのかもしれません。

担当医は、骨転移に関しては、痛みなどの自覚症状がないため差し迫った状況ではないようなので経過を見ることにして、腹部の症状を改善させるのを優先させてもよいのではないか、と言っています。その場合には、ゼローダ+シスプラチンを継続しても良いのではないか、とのことです。

ただ、もしかしたら診療情報やそれに含まれているであろうPET-CTの画像を観れば、金沢の医師がイリノテカンを勧める理由がわかるかもしれません。それなら、不確かな状況のままイリノテカンを始めないで診療情報が届くのを待とう、ということになりました。

そんな理由と、私や担当医の都合で、ゼローダ+シスプラチンを継続するにしてもイリノテカンに変えるにしても、今週中は無理なので今朝、退院してきました(笑)。

今週中に診療情報が届けば、来週早々入院し、2泊か3泊して抗がん剤治療をしてきます。

<< 疲れが取れない | ホーム | 入院から外泊へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。