プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れが取れない

4月10日に金沢の病院に入院。PET-CTの結果、金沢での抗がん剤治療を中断して13日に退院。そのまま東京へ移動して14日に東京の病院に入院。

抗がん剤を変えるか否かを検討しようにも金沢から診療情報が届かないため、東京での抗がん剤治療を再開できず。そのため、15日に一旦退院。

この1週間、移動などでバタバタとして肉体的にも、また治療方針が決まらないため精神的にも疲れてしまいました。

今朝、愛犬の散歩中に偶然にも東京の病院の担当医に遭遇しました。「まだ、診療情報が届かないのです。今日、金沢の病院に問い合わせてみます。」と言っていました。

最後にシスプラチンを静注してから5週間、ゼローダの休薬期間に入ってから3週間が経ちます。そろそろ体内に抗がん剤をドープしないと。。。

来週早々、使う抗がん剤が決定して治療を再開できることを願っています。

<< 漢方サポート外来 | ホーム | 外泊から退院へ >>


コメント

お見舞い申し上げます

本当にその通りと思います。お疲れ様でした。
ウ〜ン、やっぱり来ませんかあ〜。主人の時も遅かったんですよねえ。治療だけやってる病院ではないから多忙なのは百も承知ですが、それを言っては医療の大前提が崩れますのでがんばって欲しいものです。病棟を走り抜けていかなければならぬ程、医局が忙し過ぎるのでしょうか。
それとは対照的に、ワンコのお散歩で主治医に出会える距離感に何かホットさせられます。主治医先生も細やかに治療方針を模索してくださっているようですし。主人もそのようなドクターと出会えていたら・・・と残念に思います。
今日たまたま第5世代の免疫療法のセミナー告知を目にしました。⁇な印象もありますが、まあご参考までメールいたします。眉唾ものも多い巷のクリニック。掲示板に載せるのもためらわれたので、紅光さんに送ってみます。

Re: かなしんぼ様

昨夜、東京の主治医から電話があり、診療情報が届いたとのこと。診療情報の内容を聞き、主治医とともに今後の治療方針を話し合いました。

その結果、骨転移の状況は今すぐ命に影響を及ぼす程度ではないことと、胃の不調が改善されてきていること等を考え合わせて、もう2コース位ゼローダ+シスプラチンを続けてみることにしました。

来週月曜日に2泊3日の予定で入院し、シスプラチンの静注をしてきます。来週いっぱい副作用の吐き気に悩まされそうです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 4/17に秘信をくれた方へ

最近、疲れで笑顔が減っていたかも。ニコニコ顔で暮らさないといけないですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。