プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方サポート外来

今、有明にある病院に来ています。今日は、この病院の漢方サポート外来の日です。

血液検査を終わらせ、タリーズで朝食を摂っています。

ここからが長い!。予約時刻は11:15です。ガンになって病院通いをするようになって、自己分析ですが、気が長くなりました。

4月、新人さんがあふれる時期。採血担当の若い彼も新人さんだったのでしょう。

全く血管の見えない、今までどこの病院でも刺したことのない所に針を刺しました。

内心、この人凄い!、血管が見えなくても触診でちゃんとわかるんだ、と感激していたところ、なんのことはない、全く血が出ません。

グリグリ針を動かして血管を探しても全く見つからず、痛いだけ

結局、いつもどこに刺すか聞かれ、いつもの場所を教え、そこに針を刺し直し、無事、採血が終了しました

みんな最初は素人に毛が生えた程度。経験を積んで上手になってね。

<< 再検討 | ホーム | 疲れが取れない >>


コメント

い、痛そう・・・紅光さん、えらいです。怒っちゃう人もいるんですよ。
でも、きっと未来のヤスさんになってくれると信じてエール送りますか!

Re: かなしんぼ様

エールを送り、早く一人前になってほしいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。