プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼント

5月には家内の誕生日があります。

かつて、文字盤にテンポイントダイヤがあしらわれている腕時計をプレゼントしたことがあります。

それ以来、十数回、誕生日が巡ってきましたが、プレゼントをあげていませんでした。結局、テンポイントダイヤの時計が十数回分の誕生日プレゼントになってしまいました。

気分一新、今年は、何かを用意するつもりでいました。誕生日プレゼントをあげられるのも最後かもしれない、という思いがあるからです。

なかなか良いものを見つけられずにいましたが、イタリアの職人さんが手作りしたスワロフスキーのペンダントを見つけました。

ピンときて即決しました。気に入ってもらえると良いのですが。。。

これが最後のプレゼントにならないよう、しっかりと治療して、来年以降も5月を迎えなければ。

<< 検査について一言(二言、三言?) | ホーム | 新しいバイクにて >>


コメント

わー!!すごい!絶対に`お気に`ですよ~!!
うらやましいな~❤
渡すのも渡される方も免疫アップですね。うきうきが気持ちを前に向けてくれますね!

プレゼント何もなくてもいいです。
来年も再来年も一緒に居てくれればそれが一番うれしいと思います。

もちろんです!

せっかくですから、これからは毎年必ずプレゼント❗️ということで。
拝見してなくても、ステキ!なのはわかりました。きっと、
5月の清々しい日光を浴びて、makoさんの胸元で希望の光が輝くことでしょう

Re: さあやん嫁様

プレゼントって、選んでる時が楽しいですよね。お気に入りになってくれるといいなぁ。

Re: emibay様

ホント、生きて誕生日のお祝いをするのが一番ですよね。

Re: かなしんぼ様

毎年、プレゼントですね。ネタが尽きそう(笑)。

これで最後の記念日になる可能性が
有るかも知れないので僕も母の日に
嫁さんに何かプレゼントをしようと
思っています、来年もと思っていても
体は…。

いつもブログを拝見しております。残念ながら、骨転移が見つかったということですね。骨に転移があると全身に顕微鏡レベルのがんが広がっている可能性もあり、金沢の病院の先生が言われているように、がん専門病院や大学病院であっても原発巣の手術の適応にはなりませんが、骨転移の治療は進歩していますし、抗がん剤治療も進歩してますのでスキルスであっても、抗がん剤が効けば長期生存例もあるようです。ちなみに、大阪の近畿大学病院に胃ガンの権威がいることはご存じでしょうか?

Re: wad様

気持ちは「いつまでも」なんですが、体の方は何ともしがたいですね。一緒に頑張り、来年もまた同じ話題でコメントのやりとりをしましょう。

Re: うちやま様

私の知っている近大の先生がその権威の先生であるかは定かではありませんが、私の知っている先生に関してはあまり好ましいとは言えない評判を耳にしています。
また、以前コメントくださった「うちやま」様と同じ方であると思いますが、その時に教えていただいた東京の大学病院では受け入れ終了であったり、関西での温熱化学療法やHIPECなどによる生存例もあるようですが、著しいQOLの低下を招くと聞いています。本当のところはどうなのか、知りたいところです。
また貴重な情報がありましたら、教えてください。大変に勉強になり、ためになります。

そうです。以前コメントしました、うちやま です。近大病院に胃ガンに力を入れている先生は数名おられるようですが、プライバシーに関わることであり、名前を公表することは控えさせていただきます。ちなみに、近畿大学病院は東大の協力医療機関として先進医療を行っているようです。
温熱化学療法はまだ臨床試験の段階であり、一部で良い成績も報告されているようですが、まだ実験段階の治療であり、特にスキルス胃ガンに関しては、はっきりとしたデータは出ていないようです。だだ、現段階でわかっていることは腹膜に転移した、腫瘍を手術で切除することは推奨できず、無理な切除によって不幸な結果を招いた実例があることを国立がんセンターの先生が病院名まであげて強く警告されていることは知っております。

Re: うちやま様

迅速なレスポンス、ありがとうございます。うちやまさんの知識、情報の豊富さに驚きます。貴重な情報をありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。