プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激励

昨日、大阪に着き、腹ごしらえをした後、希望の会の患者に会いに行きました。この方は、少し前から痛みが出てきて日常生活がしんどくなってきたため、そのコントロールのために一時的に緩和病棟で緩和ケアを受けています。

少し前までは落ち込んでいたそうです。一般的には、“緩和病棟=終末期の居場所”というイメージがあると思います。そのせいで、本人も「ここで最期を」というような心理状態に追い込まれていってしまったのでしょうか。

「体を休めて、痛みのコントロールをするために一時的にここにいるんだよ。このまま退院せずに最期を迎えるために緩和病棟に入ったんじゃないんだよ。」と話しかけてきました。

在宅看護で無理をせずに闘病を続けるという道もあります。

でも、あえて「点滴を付けて自宅に帰ろうなんて思わないで、緩和病棟に来る前の状態に戻って家に帰ろうよ。いつも、体調が良くて普通の生活が送れていた時の状態になって家に帰ることをを目指そうよ。」と言ってきました。

そんなことは私に言われなくても、本人が一番、思っており、そうありたいと願っていることでしょう。

でも、そう言わずにはいられませんでした。

私がスキルス性胃ガンを告知された後、ネットで検索して初めて読んだ闘病記のブロガーさんです。ブログには、前向きな姿勢、物事の捉え方、考え方などが記されていました。共感できることがとても多く、私と似ているな~、と感じていました。


希望の会の立ち上げにあたっては、絶対に必要な人と思い、連絡を取り合いながら一緒に立ち上げました。

ず~っと一緒に闘病してきた仲間、家族のような気持ちでいます。

復活して、次回の交流会で会いましょう。東京にも遊びにおいで!

<< 第3回関西交流会 | ホーム | 大阪へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。