プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドオピニオンって有効?

セカンドオピニオンについて、どうにもこうにも納得できないことがあります。ちょっと長くなりますが、興味がありましたら、また時間がありましたら、目を通してみてください。

世の中、セカンドオピニオンが当たり前になりつつあります。

患者や家族がセカンドオピニオンを希望した時に、不愉快に感じたり、あからさまに威圧的な態度をとるような医師はあまりいなくなったのではないでしょうか?。

告知と同時にセカンドオピニオンを勧められた、という患者もいます。良い傾向だと思います。

しかし、私の体験からすると、セカンドオピニオンの現状は、患者や家族に多大な負担を強いており、何とも不親切なシステムである、と言わざるを得ません。

なぜそう思うのか、説明します。

私は、2013年12月に告知を受けた後すぐに、ガンの研究・治療の本丸ともいえる病院のセカンドオピニオンを受けました。

セカンドオピニオンを担当した医師の見解は、告知を受けた病院の医師(今の主治医)とほぼ同じでした。

そのため、その治療法が自分にとって最善の方法であり、どこの病院にかかっても同じ治療を受けることができるんだ、と思いました。

後々、この思い込みが正しくないことを知ることになりました。

主治医のいる病院もセカンドオピニオンの病院も標準治療を行なっています。従って、どちらの病院も標準治療を提示するので、同じような治療法になって当たり前です。

しかも、無知であったため、主治医もセカンドオピニオンの医師も、専門は消化器外科です。どう考えても、ガイドラインに沿った外科医の見解しか聞けません。

主治医の専門が消化器外科であるならば、違う専門、例えば消化器内科や腫瘍内科や放射線科や緩和ケア科の医師にセカンドオピニオンを求めるべきでした。

でも、告知直後の、ピカピカのガン患者1年生は、そんなことを知る由もありません。

これ以外にも注意しなければいけないことがあります。

それは、学閥です。医師の世界には、医局制度があります。そして、教授を頂点とするヒエラルキーが存在します(テレビの観過ぎ(笑))。

大学の医局からは系列病院に医師が派遣されています。従って、主治医が属する(属していた)大学や医局の系列病院にセカンドオピニオンを求めても、異なる見解を聞くことは難しいのではないでしょうか。

そうなると、主治医の出身大学や医局を調べ、そことは違う大学や医局出身の医師を探す必要があります。

告知後、すぐにでも主治医のもとで治療が開始されようとしている状況で、そこまで調べ上げてセカンドオピニオン先の医師を特定するのは極めて難しいと思います。

また、ガンの新入生は、標準治療以外の治療法、例えば腹腔内に直接、抗がん剤を投与する方法や、温めた抗がん剤で腹腔内をジャブジャブ洗う方法や、電子レンジの原理で癌細胞を加熱して死滅させる方法、などがあることも知りません。

インターネットが発達している現代であれば、ちょちょっと検索すれば、そんな情報をすぐに得られるでしょう、と医師は思っているのかもしれません。

それは大間違いです。認識不足です。

的確なキーワードを入力して検索しなければ、なかなかそのような有益な情報にはたどり着きません。ガン新入生がそのようなキーワードを知っているわけがありません。

的確なキーワードを入力しないで闇雲に検索しても、ヒットするのは怪しい金儲け主義としか思えないサイトばかりです。

何が怪しくて何が真っ当なのかを見極める必要があります。悲しいかな、ガン新入生はそのような眼力を持ち合わせてはいません。

結果、ヘンテコリンな治療法に走ってしまう場合もあるかもしれません。

セカンドオピニオンを本当に有意義なシステムにするには、どうしたら良いか?。

私が理想とするセカンドオピニオンのシステムを次の記事に書きたいと思います。

<< 理想のセカンドオピニオン | ホーム | 励まし >>


コメント

そうですねぇ、難しいところです。
私の住むような田舎町では、都会のような優れた医師や設備も少なく、セカンドオピニオンは必要だと感じました。
妻の場合は、多少でも長く生きられたと思っているので、セカンドオピニオンを選んで良かったと思っています。
あとで、やっておけば良かったって思わないよう!やってダメでも悔いのない治療をしたい!子供達と1日でも長く一緒にいるためなら!それが妻の希望でもあったので、私はそれで良かったと、それが正直な感想です。

Re: mayuchipapa様

コメント、ありがとうございます。
私もセカンドオピニオンは必要であり、受けるべきであると思っています。それもできるだけ早い段階で。特にステージIVのスキルスの場合は、治療開始前が望ましいと思います。
そのセカンドオピニオンが本当に患者のためになるにはどのようなシステムが良いのか、日々、考えていました。

本山と言えば恐らく国立ガンセンターか癌研のどちらかだと思いますが
癌研有明はガンセンターに比べあまりエビデンスに縛られていないと聞くのですがどうなんでしょう

Re: さ様

どちらの病院にも消化器がんとしてかかっていないので、正確なことは言えませんが、私もそのように感じています。

紅光様

早速の回答誠にありがとうございます。
セカンドオピニオンの検討をしているので参考にします。

セカンドオピニオン

ガンの疑いあり→町医者から大きな病院への紹介状をもらう→戸惑いながらも大きな病院で詳しく検査→結果は家族と聞きに来てくださいと言われる→疑いつつも一緒に結果を聞きに行く→進行性なので、見切り発車になるかもだが一日でも早く治療を始めたほうが良いと言われる→家族で混乱。セカンドオピニオンなんて言葉を思い出すこともなく、云われるがまま治療が始まる

父の場合、そんな感じでした。でも、父は主治医を信頼しているので、今は良かったかなと思います。手術には未だに母としないほうが良かったかな、とはなすことはありますが。

セカンドオピニオン。確かに、繋がりがあるから、同じ出身だから、同じような事を言われるのかもですね。なるほど、と思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: さ様

参考になれば幸いです。

Re: やち様

主治医との間に信頼関係が築けていればセカンドオピニオンは不要かもしれませんね。信頼している医師の下で選択した治療法がベストだと思います。

Re: 5/13に秘信をくれた方へ

セカンドオピニオンを受けるにも患者や家族が多大な労力と時間を費やさなければならないのは酷としか言いようがありません。特にスキルスの場合は、悠長にネット検索したり書籍や論文を読み漁る時間的な余裕はありません。今よりも少ない労力と時間で的確なセカンドオピニオンを受けられるようになることを願います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。