プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想のセカンドオピニオン

私が思い描く理想のセカンドオピニオンシステムは以下のようなものです。

特に限定するものではありませんが、ここでは消化器のガンを例にします。

ある病院にセカンドオピニオン外来科があります。その科には消化器外科、消化器内科、腫瘍内科、放射線科、腫瘍整形外科、緩和ケア科などの医師、薬剤師がいます。

各医師等は学閥にとらわれずに、純粋に自分の医学知識や経験と患者の病状とを照らし合わせて、最善と思える治療法を模索します。標準治療にこだわる必要はありません。

セカンドオピニオンを受ける患者や家族は、外来予約日の何日か前までに、セカンドオピニオン先の病院に、主治医から出してもらった診療情報を送ります。

診療情報を受け取ったセカンドオピニオン外来科の医師等達はカンファレンスを行い、その患者にとって最善と思える治療法を選択します。

キャンサーボードと同じですね。つまり、セカンドオピニオンにもキャンサーボードのシステムを導入してほしい、ということです。

セカンドオピニオン外来の当日、患者や家族は、セカンドオピニオン外来科の担当医からカンファレンスの結果を聞くことになります。

一病院のセカンドオピニオン外来科という位置付けではなく、セカンドオピニオン外来に特化した病院であっても良いと思います。

このようなシステムであれば、前記事に書いたような問題を回避し、真に患者にとって有益なセカンドオピニオンが得られると思うのですが、いかがでしょうか?。

<< 退院 | ホーム | セカンドオピニオンって有効? >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 5/13に秘信をくれた方へ

タキサン系の抗がん剤、特にパクリタキセル(タキソール)は腹水に効くと聞きます。ただ、全身状態によっては副作用が強く出過ぎて、抗がん剤を使うことができない場合もあると思います。
他には、利尿剤で排水を促すか、腹腔内に針を刺して腹水を抜く腹水穿刺が一般的だと思います。ただ、パクリタキセルなどの投与によって癌性腹膜炎が改善されないと、腹水穿刺によって腹水を抜いても、数日でまた溜まります。これを繰り返していると、腹水には栄養成分が含まれているため、栄養失調になり重篤な状態を招くおそれがあります。抜いた腹水から癌細胞などを濾過して取り除いて栄養成分を体に戻すCARTという治療法もあります。
一つ疑問に思うのは、「鼻からチューブを入れて」とありますが、鼻から入ったチューブは胃の中に届いていると思います。腹水は胃の外側と腹膜との間に溜まっているので、鼻から腹水が抜けているのでしょうか?
私は医師ではありませんし、専門知識も持ち合わせていません。従って、医学的に正しいとは言い切れません。そこのところにご留意ください。
なお、ご本人様にサイトのことをそれとなくお伝えしてはいかがですか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 5/13 17:43に秘信をくれた方へ

まさにその通りです。デパートのような、そこに行けばいろいろな治療法がわかり、コンシェルジュのように、その中から最善な治療法を提示してくれる、そんなシステムが欲しいのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。