プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミン点滴

今朝は、抗がん剤の副作用か、ダルいです。

そんな中、重い足を引きずり(ややオーバー(笑))、ビタミン点滴に来ています。

1時間ほどガーガー眠り、もうすぐ終了です。

重い足を引きずりながら帰ります。

<< セブンスオピニオン | ホーム | やっぱり乗った >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 5/14に秘信をくれた方へ

コンバージョンは、手術不能のため化学療法や放射線療法を行なった結果、その治療が奏功して切除可能になった場合に、それまでの化学療法や放射線療法から外科手術に一時的に治療法を変更(コンバージョン)する、という意味合いみたいですね。
最初から、術前化学療法によって腫瘍を縮小させて外科手術に持ち込む治療方針とは、出発点の考え方が違うのでしょう。
結果的には、患者にとっては術前に化学療法を行なったという点では同じかもしれませんが、最初の治療方針が「抗がん剤治療しかありません。」と言われるよりは、「抗がん剤で腫瘍を小さくしてから切りましょう。」と言われる方が、治療に取り組むモチベーションが違いますよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。