プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転院

昨日セブンスオピニオンを受けた病院に転院することにしました。

今までの主治医を信頼しているのですが、2つの点で早い段階での転院が良いと判断しました。

第一は、外科、内科、腫瘍内科、緩和ケア科、看護師、薬剤師、栄養士を含めた医療チームで治療に当たってくれること。

今までの病院は、外科と看護師と薬剤師。

やはり、この先、抗がん剤治療を続けていく上で、緩和ケア科が関わってくれるのはありがたいことです。

緩和ケアは、抗がん剤の副作用の軽減やQOL(生活の質)の維持には必要不可欠です。

第二は、緩和病棟があること。

今までの病院には緩和病棟はありません。従って、終末期を迎えたら、緩和病棟のある病院に転院しなければなりません。

終末期になってからの転院で、新しい医師や看護師達と信頼関係を築ければ良いですが、築けなかったら悲惨です。

そう思うと、今の段階で緩和病棟を有する病院にお世話になるのが何かと都合が良いのでは、と思います。

もちろん、転院先の病院に不満を感じたり、医療従事者との間に信頼関係を築けそうにもなかったら、別の病院を探さなくてはなりませんが。。。

まずは、昨日の段階で好印象であった病院に賭けてみようと思っています。

<< お知らせ(カテゴリを追加) | ホーム | セブンスオピニオン >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 5/17に秘信をくれた方へ

いつもあと一歩のところで手が届かずに振り出しに戻る、と思っていましたが、そうじゃない、というコメントに救われました。ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。