プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい報せ

昨日、希望の会の創立メンバーの家族が旅立たれました。在宅で看取りました。

ガイドラインの策定にも関わる日本最高峰の癌専門病院で治療を続け、終末期に強制退去というお決まりのコース。

緩和病棟への転院もままならず、在宅看護を選択。聞くところによると、訪問医に恵まれなかったようで、患者はもちろん家族も訪問医に大分傷つけられたようです。

あってはならないことです。何を思って在宅看護の訪問医をしているのでしょうか?。

癌専門病院や訪問医の仕打ちが後々まで、遺された家族を苦しめないことを願うばかりです。

辛い闘病生活、お疲れさまでした。安らかにお眠りください。遺された家族を見守ってください。

合掌。

<< 明日、胃内視鏡 | ホーム | 漢方サポート外来 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 5/19 14:36に秘信をくれた方へ

ご意見、ありがとうございます。
医療制度を知ることは必要でしょうが、それは医療者や行政側の言い分であって、患者側に立った制度でないのならば、声をあげていかなければ何も変わらないでしょう。決して感情的になっているのではなく、会の活動方針に関しては、常に会の役員や正会員で知恵を絞っています。

結局

何もお役に立てず申し訳ありませんでした。こちらは田舎なので、なんとか在宅でも乗り切れましたが、都会では医療者が、機関が大変たりないと聞いています。せめて大大病院では、初めから道筋を提示して欲しい。
また、主人の場合も納得のいく先生とは最後の十日間ほどのおつきあいでした。結局、左派系の生協運営の病院の先生でした。その意味するところは、体制とか行政とかの都合を優先するのでは無く、患者の痛みや苦しみを取り除くことを最優先に活動されている、志高いドクターや看護師さんたちが最後の砦だということ。政治信条はさておき、医療者が道を思い定めた時、病人を助けたいと思って決めたのでは無いのでしょうか?先のドクターたちはそのことを忘れない方達です。その活動は少なからずドクターたちの犠牲の上に成り立っています。そんな犠牲無く、医療者皆さんが病人に目を向けてくれる状況にするには、私たちは何をすればいいのでしょう?日本有数の、優秀な頭脳の集まる厚労省では考えていただけないのでしょうか?これも国民の自己責任ですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: かなしんぼ様

大病院が最期まで看とれないのであれば、最期までの道筋をせめて家族には説明すべきだと思います。患者側は、それに基づいて例えば最初から緩和病棟のある病院を選択することもできるはずです。そういうことを訴えかけていきたいですね。

Re: 5/19 16:59,17:17に秘信をくれた方へ

貴重なお話を聞かせていただき、感謝です。今の医療制度をより患者に優しい、患者に寄り添った制度に変えていけたら良いですね。

退院してさほど日にちもたってないのに・・・ 医者はすべて知ってたんじゃないかと・・・ 悲しいです

ガイドラインの策定にも関わる日本最高峰の癌専門病院

私はこのフレーズが皮肉に感じました。
ガイドラインを作る本丸がガイドラインを破ることはありえない。よって極めて融通の効かない、事務的な治療しかできないということ。難治ガン患者にとって重要なことはどんな手段を使っても治しますと言ってくれるような病院、医者にかかることです。それは規模とか権威などは無関係なのです。
一見、立派なとこで治療受ければ難治ガンでもなんとかしてくれると思いがちですが、
実は真逆なのです。
早期がんとか治る見込みのある患者さんには最高峰なのかもしれませんが、我々
のような難治ガン患者にとって見ればある意味最悪なのかもしれませんね。
私の個人的な意見ですので、悪しからず

Re: イワナ様

お久しぶりです。気候が良くなったので、セローとハーレーでツーリングに出かけていますか。「医者はすべて知ってたんじゃないかと・・・」、同じ思いです。

Re: み様

全くの同感です。標準治療で根治可能な病状の場合には本丸及びそれに準ずる病院でOKです。根治が難しいステージIVの場合、本丸等に駆け込んではダメです。しかし、癌とは無縁の生活を送ってきた癌新入生は、そのことを知りません。実はそういうシステムなんだということを、難治性の告知を受けた患者や家族に速やかに知ってもらいたいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。