プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CT検査

今日は造影CT検査を受けました。その結果を腫瘍内科の主治医T先生と、消化器センター長のO先生から聞きました。

今まで受けてきたCT検査の結果と同様、腹水も他臓器への転移も認められない、とのことです。

腹膜については画像に現れてはいないが、2月の審査腹腔鏡の画像で確認しているので、播種はあるでしょう、とのこと。

2月の状態から悪化はしていないようです。良くなっているかは不明ですが。。。

総じて、抗がん剤で上手くコントロールされている、ということでしょう。

来週から外来で、21コース目の抗がん剤治療としてカンプト(イリノテカン)の静注を開始します。

副作用の下痢が酷いらしいので、病院からの帰りが心配です。家までもつか?。もたなかったら大変なことになる

<< 初緩和ケア外来 | ホーム | 転院前の主治医に挨拶 >>


コメント

OK❗️

『増悪してないということがいいことなんだよ』って、よく言われてました。相手を封じ込めてるということは、実はすごく戦って、すごく勝利してるってことですよね、この病に関しては。
副作用の影響については、ご本人は気持ち悪いし辛い対応かもしれませんが、あくまで治療の一環ですから医療用器材の助けを借りて、やり過ごしましょう❗️
『ストマの方のご苦労とか考えると、まだまだ楽させてもらってるね』って主人と話していました。それさえ、遠い昔のようにも、昨日のことのようにも思われます。

Re: かなしんぼ様

本当にそうですね。悪化していなくてホッとしています。

副作用対策

下痢は辛いですよね。薬は違いますが、私も下痢の副作用があります。何回も水様便が続きました。患者会で出会った女性と何枚下着を汚したか話して大笑いしたことがあるほどです。で、私は生理用ナプキンの大きなサイズをヤバい日にはつけていました。オムツや尿パッドも使いました。良く行くところのトイレの場所も調べました。あと、スパッツを常に持ち歩いていました。下着のみならず、スカートやパンツまで染み出した場合にはタクシーにも乗れないけど、全てを捨てるかビニール袋に詰めればスパッツを履いてタクシーで帰れるからです。かさばらない着替えを一枚、安心しますし。
あとは、開き直ることを覚えました。あえて、どのくらい我慢できるか自分を追い込んで限界を知ることもしました。コルク栓、私もちょろっと考えたことありますが、多分開栓しちゃうんじゃないかな。下着とパンツの間にタオルとスーパーのビニール袋を入れてしのいだこともあります。電車の中で。思いつくままに打ったので読みづらくてすみません。

Re: さっちゃん様

貴重な体験談をありがとうございます。おおいに参考にさせていただきます。でも、開き直れるか?。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。