プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期発見に向けて

「胃がん検診ガイドライン2014年度版」の完成報告会に参加し、そのガイドラインではスキルス性胃ガンや若年層のガンが対象外にされていることを知りました。

スキルス性胃ガンを発症するのは、20~40代の女性に多いです。男性は40代位から多い感じがします。

男性も女性も、この年代は子育て世代です。

一般的な話をすると、男性がスキルス性胃ガンを発症し、亡くなってしまった場合、一家の働き手を失い、遺された家族は経済的に困窮してしまいます。そして、妻は子育てをしながら働かなければなりません。

女性がスキルス性胃ガンを発症し、亡くなってしまった場合には、遺された夫は働きながら不慣れな子育てをしなければなりません。

どちらにしても、それまでとは一変した大変な生活が待っています。

誰にでもスキルス性胃ガンになる可能性があります。でも、スキルスであっても、早期発見して適切な治療を受ければ根治や長期生存は可能です。

上述したような事態にならないように、ガイドラインの検診対象年齢よりも若い人達には、自分の身は自分で守るべく、人間ドックや民間の検診を受けてもらいたいです。

経済的な負担はありますが、進行した状態でスキルスが見つかった場合のことを思えば安いものです。

厳しい闘病生活を送りたくなければ、少なくとも年に1回は自主的に検診を受けてください。進行の速いスキルスの場合、年に2~4回は必要かもしれません。

<< 相次ぐ訃報 | ホーム | バイク点検 >>


コメント

健康な若者は絶対にかかるわけがないと高をくくってしまいます。それはしょうがないんです。
私もなるまではそうでしたし、実際現在患われている方のほとんどがそうでしょう。
問題なのは医者の中にも高をくくっている輩がいるわけです。
胃の調子が悪い20代が胃カメラ検査を申し込んでも、若いんだからガンなんてほとんど無いと思うよと言って胃カメラを勧めない医者がいるそうです。
それは町医者ほどそういう姿勢が顕著です。
やるならなるべく大病院でやってください

Re: み様

本当にその通りです。私を含め、希望の会にも、慢性胃炎などの診断で半年や1年放置された患者が何人もいます。
私も、以前から医療従事者の意識改革が必要であると訴えてきましたし、これからも希望の会を通じて訴えていきたいと思っています。

同感

どんなに大金持ちでも、札束叩いても買えないのが健康。健康を維持することこそが最大の貯蓄、と気づいたのが入院中のベッドの上でした(泣)。自戒を込めて。

Re: 海苔様

全くその通りですね。健康は金では買えません。健康な人に早く気づいてほしいです。

はじめましてです。
スキルス胃がんは20代の私でも罹るんだなーと思うと少し怖いです。
そこで質問ですが、紅光さんがお腹がすかない?状態が続いたときって1食抜いたらお腹がすきましたか?

Re: ラブひな様

お腹は普通に空いていたと思います。ただ、少し食べると喉に蓋が閉まったようなつかえ感があり、それ以上、食べられませんでした。食事の量が減るので、当然のごとく、短期間で5〜6kgほど体重が減りました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。