プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護師Mさん、涙

2014年2~3月頃に手の皮がボロボロに剥けた時のことです。

看護師Mさん、前の記事にも書きましたが、いつも親身に接してくれます。

その日、外来の診察後にMさんが私の手を見て、「これは酷い」と言って、時間をかけて丁寧に保湿クリームを塗り込んでマッサージをしてくれました。

そこの病院には、他科にかれこれ40年以上も通っていますが、医療従事者の接し方は、いつも大勢の患者の一人という感じでした。

それが、今回は、担当医も看護師さん達も皆、親身に接してくれます。初めて、患者という名前でなく、紅光という名前の自分に接してくれている、と感じました。

初めて、ガン患者になってしまった辛さをわかってもらえた気がして、家に帰ってから涙が出てしまいました。

そして、この病院でガンと闘っていこう、と改めて決心しました。

<< 免疫細胞療法セミナー | ホーム | 外来でサンプル頂きました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。