プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚労省担当者と話す

昨日、国会がん患者と家族の会が終わってから、厚労省の担当者とお茶をしながら小一時間ほど話をしました。

拠点病院と地域との連携、病院の相談室、早期からの緩和ケアなどなど、政治家や厚労省はこれまでも様々な取組みやシステムの構築を行ってきました。

これはgoodと思えるものも多々あるのですが、残念ながら実際の現場ではあまり機能していないと感じています。

そのことを担当者に率直に話しました。

そして、現在、対策型胃ガン検診では、スキルス性胃ガンや若年層の胃ガンは検診対象に含まれていないが、なんらかの手立てを講じてスキルス性胃ガンの早期発見、特に子育て世代の女性を対象に早期発見を実現してほしいこと、などをお願いしました。

担当者曰く、「一般論として、税金を使う以上、発症率の低い対象に対して巨額の税金を使って検診を行うことに(国民の代表である国会議員の)賛同が得られないでしょう。」とのことでした。

このことは、スキルス性胃ガンに限らず、希少ガンにも共通することです。

理屈はその通りですが、だからと言って対象者の少ない病気の早期発見が後回しになっても良いわけではありません。

例えば胃ガンの場合には、対策型胃ガン検診の対象年齢よりも若い人にリスクの層別化を図り、リスクの高い人を対象に通常の胃ガン一次検診を行うことにしてはどうでしょうか。

リスクの層別化に要する費用は通常の胃ガン一次検診の費用よりも低いそうなので、コストパフォーマンス的には悪くはないのでは。

対象者が少ないというだけで、早期発見の機会を与えられず、進行した状態になってやっと治療の機会が与えられる、ということを甘んじて受け入れなければいけないのでしょうか?。

政治家、役人、国民が知恵を絞れば何らかの解決策を見出すことも可能であると思っています。ただ、それをしようとしていないだけではないでしょうか?。

<< 告知後に取り得る選択 | ホーム | 全国がん患者団体連合会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。