プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知後に取り得る選択

スキルス性胃ガンを告知された直後に取り得る治療法の選択肢として何があるのでしょうか?。

1年半、闘病生活を送る中で、また希望の会を通じて得た知見に基づいて、私は以下のように考えています。

ステージIIIまでであれば、標準で手術の適応があると思うので、標準治療で良いと思っています。

ステージIVの場合、殆どが腹膜播種を伴っており、標準治療では手術の適応がないので、化学療法、すなわち抗がん剤治療となります。

この場合の抗がん剤治療は、治すことを目的としているわけではなく、延命やガンの症状を緩和するために行われます。

胃の切除を望まない場合には、標準治療で抗がん剤治療を行えば良いと思っています。

腹膜播種があるにもかかわらず、胃の切除を望む場合には、まず術前化学療法を行い、抗がん剤によって腹膜播種を消滅させてから手術を行う治療法があります。

この術前化学療法にも、経口や静注によって抗がん剤を投与する全身化学療法と、腹腔内に直接、抗がん剤を投与する腹腔内投与療法があります。

私は、全身化学療法だけよりも、全身化学療法と腹腔内投与療法との併用が効果的ではないか、と思っています。

そして、術後にも抗がん剤を投与する術後補助化学療法においても、全身化学療法と腹腔内投与療法とを併用するのが効果的と思っています。

また、手術中に腹腔内にこぼれた癌細胞を死滅させるために、手術の終わりに温めた抗がん剤で腹腔内を洗う温熱化学療法(HIPEC)もあります。

腹腔内投与療法と温熱化学療法とで、どちらが優れているのか、素人の私には判断できません。

ここでは、そういう治療法があるということを紹介するにとどめます。

また、手術にしても、原発巣の胃を中心に最小限の範囲を切除する病院もあれば、転移のおそれのある臓器や部位も切除する病院もあります。

これも、素人の私には、どちらが優れているのか、判断できません。

できるだけ臓器を残しておきたければ前者の病院を選択し、将来的なリスクを少しでも減らしたければ後者の病院を選択する、といったところでしょうか。

ここに書いた内容は、医学の知識のない一患者が思っていることです。間違ったことを書いている可能性もあります。

その危険性を認識した上でここに書いた理由は、告知後、ネットを検索してこのブログにたどり着いた患者や家族が治療法を選択する際の一助となれば、と思っているからです。

治療法を選択する際には、患者や家族が必ずよく調べてからにしてください。主治医に尋ね、主治医とともに治療法を選択してください。

その他、臨床試験や治験があります。こういうものに関しても、まずは主治医に相談してみてください。

残念ながらガンの告知を受けてしまった人達が、それぞれに合った、またそれぞれが望む治療を受けられることを望みます。

<< 事業報告書等を作成 | ホーム | 厚労省担当者と話す >>


コメント

ありがとうございます

これだけ書いていただいただけで、どれだけ告知直後の患者さんの気持ちの整理につながるか、計り知れません。
素人が、突然ガン治療という大海原に身一つで投げ出され、溺れるもなは、の心境でネットの大海の中でもがきつづける。まずは、どんな手順があるのかを知りたいのです。細かいことは後でも、俯瞰した大まかな道筋だけでも知りたい。そうすれば、あの、ブラックホールに投げ込まれるような絶望感とか孤独感は和らぐと思うのです。

Re: かなしんぼ様

本当にその通りです。治療を始める前に、少なくてもこれだけの選択肢があることを知ってほしいと思っています。この記事を読んで、腹膜播種、腹腔内投与、温熱化学療法などのキーワードを知ってもらえたら、主治医と話すとき、ネットで検索するとき、セカンドオピニオン先を探すときなどに役立つのではないでしょうか。

こんばんは
私も紅光さまと考え方はほとんど一緒です。
遠隔リンパ節転移や臓器転移がなく、腹膜播種のみであれば基本的には腹腔内化学療法を第一選択肢とするべきです。

薬剤耐性の問題もありますし、まだ臨床試験という都合上、標準治療を受けた瞬間受け入れ拒否をする病院も多いのです。私も標準治療を受けていた都合上断られました。

胃がん腹膜播種と診断されたら即座に腹腔内化学療法を検討するということを周知徹底する必要があります。




個人的な意見としてはステージⅢも術前に化学療法(できれば腹腔内化学療法)を受けてから手術に踏み込むべきだと感じています。

私は膨大な胃がんブログを見ましたが、術前診断でステージⅢぐらいかと思ってたら,
術後に腹膜に微量転移が判明して、アップステージを宣告されるというケースが結構あります。
当然、手術後は強力な化学療法はできませんので、腹膜再発は必ず起きて、極めて予後が悪くなるのです。
また術後に腹腔内をやっても臓器癒着で効果が発揮できないのが現状だそうです。

以上からステージⅢだからといってすぐ手術に踏み切るのは危険だと考えています。
紅光さまはどう考えますか?

Re: み様

仰る通り、術前にステージIIやIIIと診断されても開腹後にステージIVの確定診断が下ることは度々あるようです。それを考えると、術前の腹腔内投与をできるだけした方が良いと思っています。一日も早く腹腔内投与療法が標準治療になることを願っています。

Re2: み様

>ステージⅢも術前に化学療法(できれば腹腔内化学療法)を受けてから手術に踏み込むべきだと感じています。

本末転倒。
術前のステージの見極め精度を上げるプロセスを確立するのが先だね。

沢山の選択肢の知識は大切なので、癌の発覚間もない方には本当に嬉しい情報だと思います。
治療を選択するには正しい評価が必要だと思います。ステージ3と言われて開腹したら、播種が見つかってステージ4で、何もせずにそのまま閉じましたなどの誤診というか、勘違いなどはその後に大きな影響を与えます。
播種が疑われる所見が少しでもあったらたら、開腹する前に腹腔鏡で播種の有無の確認など、何かしらの対策が必要かと思います。
一度開腹すると、腹腔内には癒着が起こり胃を切除しなくても元通りにはならないです。
これも1患者の意見ですので、参考になるかわからないですが、そう感じます。

Re: まゆか様

確か胃ガンのガイドラインでは、ステージIVが疑われる場合には審査腹腔鏡をすることになっていたと思います(おろ覚えでゴメンなさい)。結局、CTなどで腹水が認められるなど、腹膜播種が疑われる場合を除いて、医師はステージIIIとかIIとかであるとして、いきなり開腹してしまうのではないでしょうか。
また、審査腹腔鏡をしても、腹腔鏡で見えないところに播種がある場合には、開腹して初めて播種があることがわかる、ということもあると思います。

む様

>本末転倒。
術前のステージの見極め精度を上げるプロセスを確立するのが先だね。

ここを掲示板みたいに使うのは不本意ですが、これに関しては一言申し上げたい。

そのプロセスを確立するのにどんだけかかっているんだって話です。
そんな悠長に構えている暇はがん患者にはないんですよ。
要するにあなたの言っていることは机上の空論なんです。

私のコメントの趣旨は今できる技術で最善を尽くせということと同義です。





コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。