プロフィール

紅光

Author:紅光
紅光(男、54歳)です。
2013年12月にスキルス性胃ガン(ステージIV)の告知を受け、闘病生活が始まりました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村

人気ブログランキング

ペイパービューランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最期を迎える準備

私と同じ頃にスキルス性胃ガンの告知を受けたがん友がいます。このがん友は、GW後に体調を崩し、先月半ばに入院しました。

それ以来、毎日メールのやり取りをしています。病状は、結構厳しく、食事を取れないため点滴で栄養を摂り、痛みのコントロールをしています。

毎日のメールはたわいもない話でしたが、昨日、突然、「日に日に調子が悪くなっており、急に連絡が取れなくなるかもしれないので、先にお礼を言っておきます。ありがとう。」と送られてきました。

切なかったです。病状の良し悪しは本人が一番わかっているのでしょう。なんとか快方に向かってほしいと願い、そうなるよう祈っています。

もう最期へ向けて葬儀のことや霊園のことを検討しているようです。正直、そんなことを考えないで、良くなることだけ考えて、と思いましたが、自分の場合も最期が近いと悟ったら同じことをするだろうなぁ、と思いました。

冷静に最期の時と向き合っているがん友の精神力の強さに敬服しています。もう一度、復活して元気になってほしい、そしてまた一緒に飲みに行こう、そう強く思っています。

<< カット、日本語では散髪 | ホーム | 事業報告書等を作成 >>


コメント

ガンというのは思いを反映すると思います
私もどんな状況でも常に前向きに、悪い方向はなるべく考えないという意志は曲げたくないです。
でも、御友人のようになったときに本当にそれを維持できるのかどうか、
こればかりは未知数としか言い様がない。





Re: み様

こればっかりは、死に直面していることを実感し、本当に覚悟をする時ににならないとなんとも言えませんね。穏やかな気持ちでいられるのか、無念に思うのか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。